FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Entries

望月衣塑子記者を追った「i-新聞記者ドキュメント-」観てきました。

19ky928007.jpg

久しぶりに映画館に行き、「i-新聞記者ドキュメント-」観てきました。東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者を追ったドキュメンタリー映画で、森達也監督の新作です。

エネルギッシュに取材し、現場で得たエビデンスを元に官邸で質問する望月記者。あからさまに「大嫌いだ」という表情をして答える菅官房長官。彼女の時だけ質問妨害する官邸スタッフ―。この三者は日本社会の縮図のようだと感じました。

たった一人で声を上げるも助け舟はなく、お上は民を侮って答えになってない返答をし、周りは「忖度」せよと同調圧力をかける。

森友・加計問題、伊藤詩織さんの裁判、辺野古基地建設(いわゆる赤土)問題・・・。映画が撮られた時点でニュースだったことだけれど、全て現政権に関する問題で、今ニュースを賑わしていることと同根です。

この一つだけでも政権交代してもおかしくないのに、新しい話題が飛び込んでくると、そこに耳目は集まり、ネガティブな事は「もう決まったこと」「終わったこと」として処理されていきます。

強硬に答弁を繰り返し、決定事項は覆らないと態度で示して、諦めを引き出す官邸。少し時間が経ってメディアで取り上げられなくなれば、忘れっぽい国民は受け入れていくだろうと高をくくっているのでしょうか。

そこに「空気を読まない」望月記者が現れて、事実に基づいてただ率直に報道しようとすると、立ちはだかる壁の多いこと。官邸は望月記者を狙い撃ちしたような質問ルールを記者クラブに張り出し、東京新聞には匿名の脅迫電話がかかり、社の中にもキツイ壁があります。

ただこれが、望月記者の奮闘ぶりだけを追ったものなら、「菅官房長官サイテーだね。安倍政権やっぱダメだよ」という結論で終わってしまうのですが、映画の「i」というタイトルはそこで終わらない、この国の有り様に声を上げるもの。

「i」とは一人称単数で、一人の者が自分の考えを持ち、自分なりに問題と対峙し、置かれた世界で生きていくことをいうもの(と私は解釈しました)。望月記者のことだけを言っているのではないのです。

「i」として生きようとすると、途端に見えない壁が立ちふさがるようになり、集団心理と同調圧力によって道は狭まり、「そんなことをして何の得になるの?」という疑問が浮かべば、自分で選んだ道さえ進めなくなります。

そんな中での「空気の読めな」さの強さよ。この映画には「空気の読めない」もう一人の人物、森監督も出てきます。小動物のように俊敏でオシャレな望月記者の横に、のっそりとして動じず、丁寧に取材交渉をする森監督(結局したい取材は受け付けてもらえないが、その姿を撮っている)。

各人各様に「i」であることが、自分の存在証明のみならず、政治の健全さを保つ弁ともなります。右でも左でも保守でもリベラルでもなく、「i」として生きることの大切さをいっているように感じました。

だけど映画自体にはちょいちょい笑える場面もあり、アニメーションのところや森監督がのっそりしゃべっているシーンで会場に笑いのさざ波が起こっていました。問題は深刻だけれど、重苦しくならない味で仕上げてくれているお陰で、悲観に陥らずに映画館を後にすることができました。

重く悲観的になってしまったら、厭世的になり、逆に政治離れを起こしかねません。そう考えると、コミカルに感じさせる演出は、希望をくれる一味(ひとあじ)なのかも。こんな希望の一味が振ってあるなら、森監督の他の作品も観てみたいなと思いました。

https://i-shimbunkisha.jp/


関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック