FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Entries

根獅子で平戸市切支丹資料館を見て、フロイスのいた度島へ。

19ky1001069.jpg

10/1はまず平戸市切支丹資料館へ。路線バスだけで行けるかと思いきや、最寄りのバス停から2キロもあるということで、平戸市民病院でタクシーに乗り換えて向かいました。

地元ガイドさんによるツアーを申し込んでいたのですが、来てくれたのが根獅子のかくれキリシタン集落で最後の水役をやっていた方でびっくり。オラショを唱えながら儀式を説明してくれて、実地研修してもらってるみたいでした。

資料館隣にあるウシワキ様の森は、ちょうど先週かくれの儀式が公開され新聞等に載っていた所。そこから車で根獅子の浜と昇天石、キリシタン時代の教会跡や元締の家、小麦様の墓などに連れて行っていただきました。感激したのは聖水汲み場。水役さんと来ることができるなんて、夢のよう。

紐差教会に送ってもらい、一人で教会見学していたのですが、12時の鐘が鳴って荘厳さに打たれました。鐘は二種類あるようで、最初重々しい音がゴーンゴーンと10回ほど鳴り、少し間を置いてカランカランと軽やかな鐘がたぶん50回くらい。すごいご褒美(何の?w)でした☆

平戸桟橋に戻って、あごの天ぷら定食で体力チャージして、今度はフェリーで度島(たくしま)へ。度島の名は初期の宣教師の記録に度々出てくるから、以前から気になっていたのですが、平戸から船で行けると知り。

アルメイダが施療し、フロイスが一年以上も滞在して書物をしているので、何か痕跡が残ってるだろうと期待して行ったのですが、案内板とか一切なくて、島の人はキリシタンにあまり関心がないように感じました。

昔、松田毅一が訪れたものの、排他的で如何ともし難かったとか書いていたのが思い出されました。平戸市のマップには度島に教会跡があると書かれてるんですけどね。現地には矢印一つありませんでした。

それでも予め調べていった立願寺(キリシタン供養碑がある)と下のテッペス(フロイス滞在場所)と上のテッペス(教会跡)、ツクシ様(アルメイダ施療所跡)には行けました。帰りのフェリーまで一時間しかなかったので、息切らして駆け足で回りましたけど(^_^;)

明るいうちに宿に帰れたので、地元民に混じって大型コインランドリー店で洗濯をして、乾燥してる間にスーパーで買い物するなんていう生活者みたいなことをしています。

私みたいなおっちょこちょいが、無事にあちこち回って一日を終えられたというだけでも、神のご加護があったとしか^^

明日は台風が来るそうですが、どうか安全に行くべき所に行けますように。


関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック