FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Entries

キリスト教史学会「3・1運動」に関する講演

20190914_145633944.jpg

キリスト教史学会の大会2日目は、2つの部屋でそれぞれ6つの報告発表と、3・1独立運動に関する講演がありました。

私が興味深く聴いたのは、川口葉子氏の「天皇制国家における再臨信仰」。とても今日的だと思いました。韓国や中国のキリスト教に関する発表も多く、日本だけを見ている時代は終わったのかなと感じました。

外国人研究者も日本語で発表していて、皆すごいっ。日本で研究している人たちはレベル高いですね。

3・1運動の講師は、韓国でこの分野の第一人者といわれる金興洙氏。司会は徐正敏氏、コメントは李省展氏でした。

3・1運動の意味を云々するのではなく、3・1運動の研究史を振り返る内容で、韓国でのキリスト教史研究がとても進んでいることを感じさせるものでした。

ところで、他の学会のことは知らないのですが、キリスト教史学会について言うならば、主要な役員はすべて女性が務めていて、女性の活躍が目立っていました。発表者も聴講者も女性の比率が高くて、なんか馴染むというか♪

女性研究者がこんなにいるんだということ自体希望的で、とてもうれしいです。先輩たちが頑張ってくれたんでしょうけど、更に道が広がって、もっと未来が開けていくといいなと思いました(^^)


関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック