FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Archive [2019年12月 ] 記事一覧

12/13のツイートまとめ

tenjounoao_yume 宿敵「ドヤガオシント」...。自戒をこめて笑い飛ばせる感性を持っていたいです。これからも他の形で、見えない化されていることに声を上げていただけたらと☆ https://t.co/FWzAMlNReV 12-13 11:47...

聖心女子大学で行われたキリスト教史学会東日本支部会

先日聖心女子大学で行われたキリスト教史学会東日本支部会で、4つの研究発表を聴いてきました。五十嵐喜和「「規定の病」にいたるまで -その名称の由来・変遷と、キリスト教会の課題-」、小林敏志(さとし)「明治初期における開港地新潟のプロテスタント伝道」、佐藤明(あき)「内村鑑三の武士道とキリスト教 -新渡戸稲造との比較を通して-」、青野和彦「降伏勧告状(Requerimiento)に対するラス・カサスの神学的批判-布教...

関西の旅行記「ふわり三都物語 2」では、六甲山の名建築を

関西の旅行記「ふわり三都物語 2」は、六甲山の名建築をめぐったときのものです。六甲ケーブル山上駅をはじめ、ヴォーリズ六甲山荘、同じくヴォーリズ建築の神戸ゴルフ俱楽部など。安藤忠雄の風の教会は、現代アートの展示スペースになっていてホーリーさゼロで、私的には残念賞でした。だけれど山頂の展望台「六甲枝垂れ」が素晴らしくて、感嘆しきりで帰って来ました。六甲山初めてだったので、行けただけでもうれしくて。兵庫県...

韓国人旅行客のアテンドをして

旅行会社を経営する友人から、韓国人旅行客のアテンドをお願いと連絡が。「一人で日本に来るビジネスマンで、歴史に関心があるからそういう話ができる人がいいらしくて」と。 無理無理無理!韓国人で歴史に関心あるだなんて、そんな大変な人無理ぃ。何言われるか怖いし、何と答えていいかもわからないし。正直面倒くさい。議論になったら嫌だし。大体そんな語学力もないから・・・。 と、固辞したのだけれど押し切られ(頼まれると...

中村哲さんのインタビュー「人は愛するに足り、真心は信ずるに足る――アフガンとの約束」

図書館に行ったら、中村哲さんの追悼コーナーができていました。私は中村さんのことをほんの少ししか知らなくて、クリスチャンだったことも今回初めて知ったくらいだったので、反省する気持ちで本を手に取りました。 何冊からパラパラ見て、読むことにしたのは、今から10年ほど前にノンフィクション作家の澤地久枝さんが中村さんをインタビューした「人は愛するに足り、真心は信ずるに足る――アフガンとの約束」。 澤地さんの鋭くも...

12/06のツイートまとめ

tenjounoao_yume これ見てきて良かったです。クリスマスにぴったり♪「甦生」~ベツレヘム聖誕教会 修復事業および発掘調査の軌跡~ /お知らせ・トピックス|国士舘大学 イラク古代文化研究所 https://t.co/Pd6AStQml5 12-06 15:38 と、トートバッグ@@ https://t.co/T8nG3HGA66 12-06 14:03...

国士舘大学イラク古代文化研究所「甦生」~ベツレヘム聖誕教会 修復事業および発掘調査の軌跡~

国士舘大学イラク古代文化研究所でやっている「甦生」~ベツレヘム聖誕教会 修復事業および発掘調査の軌跡~に行って来ました。ベツレヘム聖誕教会は、2012年に世界遺産登録されたお陰で修復事業が行われるようになり、崩落寸前だった屋根などが修繕され、内部も甦りました。今年の12/24までには足場や覆いも全部撤去して、全面公開するということなので、クリスマスシーズンの世界的な話題になりそうです☆彡今企画展では、その修...

関西の旅行記「ふわり三都物語 1」、一日目は堺。

去年の秋に関西を回ったときの旅行記を書いています。一日目は堺しか行けませんでしたが、与謝野晶子と千利休屋敷跡に行き、二人の資料館がある「さかい利晶の杜」の見学を。堺とキリシタン、与謝野家とキリスト教に思いをめぐらせました。与謝野晶子に洗礼を授けた神父様が、のちに新潟司教となって秋田の聖母(1973年から1982年まで101回涙を流した聖母像)の調査をして奇跡と認める発表をしたのですが、この日は、そういった人...

12/05のツイートまとめ

tenjounoao_yume どこぞのお兄さんでもなく、大学の名誉教授だったりするから(専門は美術)信じる人もいて困ります。花がデザインされた瓦のことも、ある大学教授(専門は福祉)が「景教の印だ」と言っていました。。#景教 https://t.co/1EW5KIybrL 12-05 18:33 最近、「古墳から発掘された埴輪がユダヤ人にしか見えない!」と、古墳時代にユダヤ人が来日していたという本出てる人いるけど、その埴輪とこちらの埴輪がそっくり...

望月衣塑子記者を追った「i-新聞記者ドキュメント-」観てきました。

久しぶりに映画館に行き、「i-新聞記者ドキュメント-」観てきました。東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者を追ったドキュメンタリー映画で、森達也監督の新作です。 エネルギッシュに取材し、現場で得たエビデンスを元に官邸で質問する望月記者。あからさまに「大嫌いだ」という表情をして答える菅官房長官。彼女の時だけ質問妨害する官邸スタッフ―。この三者は日本社会の縮図のようだと感じました。 たった一人で声を上げ...

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック