FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Archive [2019年06月 ] 記事一覧

死刑廃止フォーラム90と森達也問題解決ゼミ共催のイベント

昨日は友人に誘われて、死刑廃止フォーラム90と森達也問題解決ゼミ共催のイベントに。東海テレビが制作したドキュメンタリードラマ「Home~闇サイト事件・娘の贈りもの」を観て、森達也氏と番組制作に携わった繁澤かおる氏がフロアからの質問に応えるというものでした。 会場となった明大和泉キャンパス図書館ホールは、立ち見が出るほどで、一般の関心の高さがうかがえました。オウムの死刑執行からもうすぐ一年、被害者の会の永...

シンポジウム「近世東アジアにおけるキリシタンの受容と弾圧」

一昨日行われたシンポジウム「近世東アジアにおけるキリシタンの受容と弾圧」、大変面白く(興味深く)聴講してきました。一般に「キリシタン」とは、16~19世紀の日本人キリスト教徒のことを指すので、「東アジアのキリシタン?」と思ったのですが、内容を聴いて納得でした。 「キリシタン」は日本だけに留まっていたのではなく、また日本におけるキリシタン禁制が東アジア諸国に与えた影響もあります。そういった相関関係を見い...

織豊期城郭研究会「倭城を歩く」

韓国に行くことに決め、織豊期城郭研究会「倭城を歩く」を精読中。 倭城とは、秀吉による文禄・慶長の役(朝鮮出兵)に際して、朝鮮半島の南岸に築かれた日本軍の城郭こと。約30ヶ所確認されており、石垣や堀がよく残されている所もあるのだとか。 朝鮮の城は基本中国式なのですが、そんな中に日本の織豊期の城があるということが不思議。是非とも見てみたいけれど、行きにくい所にあることが多くて、バスやタクシーを乗り継がない...

06/18のツイートまとめ

tenjounoao_yume 私の推しメン(作家さん)。もう「ブレイク寸前」でなく、ブレイクしていると思う。 https://t.co/gSO93cLlUF 06-18 21:39 韓国で倭城を歩こうと思って、これを読んで準備中。文禄慶長の役についての本は多々あるけれど、実際に現場に行けるよう案内が載っているのはこれくらい。しかも網羅率も高いです。一城でも行ってみたいなぁ。#倭城 https://t.co/PWcBFddFqV 06-18 16:46 若い人に、自衛隊をヒーローの...

「上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門」

「上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門」読みました。想像以上に「ゆるい」との評判を聞いていましたが、その通り。だけれど単に「ゆるい」のでなく、ニーズに応えた「ゆるさ」だと思いました。ニーズとは、キリスト教や聖書に対して「信じる気はないけど知りたい」ニーズと「どうせなら楽に学びたい」ニーズ。これらのニーズを、「宣教しなければ意味がない」「知識だけで救いにつながらなくてはダメだ」「分かりやすく書こう...

望月衣塑子氏の講演会

望月衣塑子氏の講演会、こんなしゃべり方をする人だったんだという感じでした。質疑応答を含めて2時間の予定が、一人で話すこと2時間弱。それもよどみなく多様な話題を整理しつつ、のべつ幕無しに、所々に笑いのポイントを仕込みながら。 練馬で幼少期を過ごしたと言っていたけれど関西弁が混じっていて、落語家さんか、大阪のおもろいマダムかといった印象でした。ゼスチャーも大きくてエネルギッシュ。話が面白いだけでなく、分...

06/11のツイートまとめ

tenjounoao_yume とっても面白そう(^o^) https://t.co/HiVQMwyBAp 06-11 20:48...

人間関係と距離

女性向けファッション誌にもいろんな記事が載っていて時に教えられます。美容院でパラパラ見ながら膝を打つことも。人間関係の専門家が述べていたのは「自分の期待と相手の言動が違う時にストレスになる」のだということ。人間関係がストレスにならないようにするためには、適切な距離を取るのがいいというアドバイスでした。なるほどです。無意識のうちに相手に期待していることがあり、それとの齟齬で「何でこうなんだろう」と思...

望月衣塑子氏の講演会

望月衣塑子氏の講演会、行けることになりました。かなりうれしい♪すごい経歴の方なんですね。ジェンダーについては、学生時代から折にふれ思うところがあったけれど、ちゃんと考えたかというと、うーん。煎じて飲むための爪の垢もらってきます。...

「考古学が語るシルクロード史」

エドヴァルド・ルトヴェラゼ著 加藤九祚訳「考古学が語るシルクロード史 中央アジアの文明・国家・文化」(2011年、平凡社)読みました。 韓国人の景教研究者が「これが読めたらいいんだけど」と言っていたので、興味を持って。ウズベキスタンで長く遺跡の発掘調査をされていた加藤九祚氏の訳書だということもあり。 私はシルクロード全般というよりは、景教に関心があってその辺りを知りたくて読んだので、「世界宗教の極東への...

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック