FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Archive [2014年11月 ] 記事一覧

教皇、ベルリンの壁崩壊25年に言及

「必要なのは壁ではなく、橋」教皇、ベルリンの壁崩壊25年に言及バチカン放送局2014-11-10 18:58:35教皇フランシスコは、9日、日曜正午の祈りの席で、ベルリンの壁崩壊から25年に言及された。1989年11月9日、ベルリンを二分するのみならず、ヨーロッパと全世界のイデオロギー的分裂の象徴であった壁が崩壊したことは、突然ではあったが、時には命をも犠牲にした、多くの人々の長い闘いと、祈り、苦しみが可能にしたことであ...

お母さん年下!?

昨日我が家に遊びに来た女の子のお母さん、私より年下でした。とうとうそんな時代が来たかと驚くような焦るような。。家で両親がケンカすると次の日までにどちらかが死んでないか心配だと、この子が話していました。どの家庭にもいろんな事情があるんですね。それで2人で話していて一致したのは、人間らしい人間になることが人生の一番の危機管理ではないかということ。相性がいいとか悪いとか、運がいいとか悪いとか、相手の責任...

(写真つき)フランシスコ・ザビエルの遺体を公開、インド・ゴア

© AFPBB News 提供インド・ゴア(Goa)州のセ大聖堂(Se Cathedral)で、イエズス(Jesuit)会宣教師フランシスコ・ザビエル(Francis Xavier)の遺体にお参りするインドのキリスト教徒ら(2014年11月22日撮影)フランシスコ・ザビエルの遺体を公開、インド・ゴア【AFP=時事】インド南部ゴア(Goa)州オールドゴア(Old Goa)で22日、16世紀のイエズス(Jesuit)会宣教師フランシスコ・ザビエル(Francis Xavier)の遺体が公開さ...

「琴はしずかに」

八木重吉の奥さん吉野登美子さんが書いた「琴はしずかに~八木重吉の妻として」を読みました。寝付けない夜にふと手に取り一気読み、それでも足りなくて、次の日再読してしまいました。何度も泣きながら・・・きれいな心で生きていきたいなと思いました。感想はそれに尽きます。キリストの再臨を待ちながら、また死の前に主の姿を見たといわれる八木重吉については、以前からとても興味を持っていて生家やお墓、碑などを訪れていた...

ザビエルの遺体、10年ぶり公開へ

ザビエルのミイラ化遺体、10年ぶり公開へ読売新聞2014年11月20日 10時15分【ニューデリー=田原徳容】日本など世界各地でキリスト教を伝えたイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエル(1506~52年)のミイラ化した遺体が、インド西部ゴアの大聖堂で22日から一般公開される。 10年おきにゴアで公開されており、今回で17回目となる。 ゴアは大航海時代の16世紀、ポルトガルの拠点として繁栄し、アジアでのキリス...

ピロリ菌はいなかったけれど

胃カメラの結果を聞きに病院に行ってみたらピロリ菌はいなかったけれど風邪だということで風邪薬を処方してもらって帰ってきました病院に行くと、当たり前だけど病人が多いです。咳してる人も多くて、しばらくいると治るよりも病気にかかってしまいそうな気さえするというか・・・医療関係者は大変だなと思いました。社会の様々な分野で働いている人たちのこともその分野がうまく発展していくようにも祈っていかなければなと気づく...

青山学院創立140周年記念式典

「地の塩、世の光」を育てて 青山学院創立140周年記念式典クリスチャン・トゥディ2014年11月18日16時54分 記者 : 竹村恭一 明治初期、米国のメソジスト監督教会から派遣された宣教師らによって創設された3つの学校を源流とする青山学院は、今年11月16日に創立140周年を迎え、15日に記念式典を行った。 「全てを尽くし神を愛し、隣人を自分のように愛せ」と書かれたマタイによる福音書22章36~40節と、スクール...

季節というのは

季節というのは始まるときと、ぐっと深まるときがあるようでここ数日でぐっと冬に近づいた気がします。もう秋だとは言ってられないくらいに冬といえばクリスマスに年末年始。毎年一日も予定表が空かない日々が続くので今から心して体調を整えておかねばなりません。またやれなかったことを後悔するのも目に見えているのでラストスパートで何をするかちゃんと考えておかなくっちゃ。そんなこんな言っているうちに例年あっという間に...

袴田巌さんも登壇

袴田巌さんも登壇カトリック新聞November 6, 2014 「死刑といのちを考える」と題した国際シンポジウムが10月25日、東京・千代田区のYMCAアジア青少年センターで開かれ、非政府組織や宗教関係者など約150人が集まった。カトリックの活動団体「聖エディジオ共同体・日本」(本部・ローマ)と「死刑を止めよう」宗教者ネットワークが実行委員を務めた。前々日の23日には衆議院第1議員会館(千代田区)で、国会議員らも参加したシンポ...

「村岡花子の世界」

村岡花子のお孫さんによる監修の「村岡花子の世界」を読みましたもう終わってしまったけれど、朝ドラでやっていた「花子とアン」のいわゆる関連本です。関連本が出て有難いのは、あまり有名でないクリスチャンの生涯を詳しく知ることができること。このドラマと関連本がなければ私は「村岡花子」についてこんなには知らずにいたと思います。これも導きと思いながら、神様を思いながら生きた人のことを辿っていこうかと...

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック