FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Archive [2013年02月 ] 記事一覧

英国王のスピーチ

去年のアカデミー賞受賞作「英国王のスピーチ」を観ました。吃音障害のあるイギリス王が言語聴覚士(実は無免許)とともにスピーチの特訓をするという物語。大切なのは伝えたいという思いだということに気づかされました。どんなに流暢に話しても思いがなければ伝わるものが少ないというか。。お祈りも対話も伝えたい心と思いでしていきたいな d(^-^)...

今ほど祈りが

「この世に今ほど祈りが必要な時はない」賛美歌で歌いながらほんとだなぁと。いや、「この世に」じゃなくて「私に」か・・・・?「私に今ほど祈りが必要な時はない」――。確かに、実にしっくりきます。個人のことから世界のことまでひとつひとつ祈って明るい未来を見出せますように・・・(・・〃)...

教皇

ローマ教皇が退位するそうです。時代の転換期ですね。政治でも宗教でも多くのトップが交代しています。次期教皇には誰がなるのでしょう?カトリック11億の大半を占める南米やアフリカから選ばれたらどんなに快挙だろうと思います。転換期にふさわしい人物が天によって選ばれますように!!...

忍耐

「忍耐が祝福の鍵だ」今朝祈る中でそう聞こえたような気がしました。何をどのように忍耐すればいいのかわかって耐え忍びたいです。。...

Ⅳできました☆

九州のキリシタン・ロードをゆくⅣができました!細切れの時間で書いたので毎回乗ってくるまで時間がかかってちょっと大変でした。何をやっても大変といえば大変なんだから大変なんて言わないでやりがいに目を向けていかないとだめですね☆そう考えたら感謝ばかりですヽ(‘ ∇‘ )ノ...

子宮筋腫

婦人科に検診のために行って「子宮筋腫が4.8センチになってます」と言われてきました。子宮筋腫になってたこと自体初めて聞いたと思うのだけど「前も言ったよね?」的な感じで。前の検診の時も言われたのに忘れちゃったのかな?現実を否定したくて。「しばらく様子をみましょう。あまり心配しなくていいですよ」とのことだったけれど心配しなくていいんでしょうか??年齢に従ってあちこちいろんなことが起こってくるとは聞いては...

肉と霊

史跡めぐりでお墓にいくたび思うことは肉に投資しても虚しいなということ。地上でどんなに栄光を受けても死んだら墓石だけ。立派な墓石を建ててもらったとしても死者がそれを享受できるわけでもないし。聖書によると人には霊と心と体があるという。ならば肉体がある間にやはり霊に投資して永遠ないい世界に自分の霊を行かせてあげるのがいいんじゃないかと思います。それでこそこの地上の人生も虚しくなくなるのではないかと。霊の...

カンタベリー大主教

こんなんでいいのかなーと眉間に皺が寄っちゃいました;; ↓【AFP=時事】冗談のつもりで立候補したら、英国国教会(Church of England)の最高位職、カンタベリー大主教(Archbishop of Canterbury)に選ばれてしまった――。昨年12月に退任したローワン・ウィリアムズ(Rowan Williams)大主教の後任に決まった英ダラム(Durham)のジャスティン・ウェルビー(Justin Welby)主教(56)が、4日の任命式を前にこんな裏話を披露した...

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック