FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Category [トラベル ] 記事一覧

今日から仙台へ

今日から一人で仙台へ。聞きたい講演があって、仙台にいる友人に会いたいのもあって。今晩から夜行バスで行くのですが、往復バスで大丈夫なのか心配。夜行も一人だと大丈夫かなぁと。。でも行きますっ☆バスを調べたら仙台を通り越して古川駅まで行く便があったので、そこまで行って吉野作造記念館にも行って来ようかと。近くまで行く機会がなければ、なかなかそこだけのために行けないから、行けるのは感謝。東北学院大発祥の地も...

古い友人から返信来ました☆

ネットで見つけて、メールを送ってみた古い友人。返事をくれました。ブランクがあるので、会おうという話までは出ませんでしたが。でも返事をくれただけでもうれしいです。次は私がメールを書く番。相手の心を感動させる言葉を書きたいところだけど・・・。感動をくださるのは神さまだから、お祈りするのが一番の近道でしょうね☆...

ベトナムから無事帰還(^^♪

ベトナムから無事帰国しました。一生レベルの恵みと悟りをもらったと思います(^^♪カンシャ行くまで知らなかったのですが、偶然のように最初のベトナム人殉教者の故郷に行き、鍾乳洞を利用した聖堂で聖遺物を見て感激。wikiでベトナムのキリスト教史を読んでおかしいなーと思っていたところも、いくつか本当のことが分かりました。食事だけでもとっても癒される国ですね。ハマる人の気持ちが分かります☆まずは帰国のご報告まで.旅行記は...

ベトナム、行って来ます!

ベトナム、行って来ます!帰りは来週。祈りの旅にしようと思っています。あぁ、無事でありますように(o^^o)...

伊勢原の大山へ!

せっかく登山用のポールも買ったので、伊勢原の大山に登ってきました。途中までケーブルカーで行って、そこから山頂まで登るんですが、なめちゃいけません。私みたいな初心者にはかなりの難所。しかも雨まで降ってきて、登山道が小川になるほど。それでも山頂までちゃんと行けて、無事に下りて来られて感謝です。結構きつくて、諦めそうでした。っていうか、前回登った時は途中で諦めて帰ってきたんです。山頂が28丁なんですが、16...

ベトナムも殉教者の国

ベトナムに行くために調べ始めたんですけど、ベトナムも殉教者の国なんですね。ここまでとは知りませんでした。「11万人と言われている」とまでとは。だけど日本語で本もネットの情報も探すので、詳しいことを知るのが難しいです。本当に11万人も殉教したかも、ちゃんと調べたいんですけどね。うーん。。...

登山用ポールとタイツ♪

登山用のポールとタイツを買いました。ベトナムで登山するために・・・。頑張ります(๑˃ᴗ˂̵)...

明日から佐渡へ!台風発生中;;

明日から佐渡へ行き、そこから北陸三県を回って来ようと思っています。南の海で台風が発生したということで、ちょうど直撃しそうな勢いです。お祈りしなきゃと焦りつつ、もし良かったらお祈りお願いします<m(__)m>...

千葉を歩けば☆・・・佐倉その4

千葉を歩けばのラストは、藩校・成徳書院から佐倉城跡へ。現在体育館になっている所に成徳書院はあり、津田仙が通っていました。佐倉藩士の息子として生まれたからですね。津田梅子はその娘。 大手門の跡は、今はとっても静かな平地。城へ続く道が一本通っているだけですが、江戸時代まではこの道に面して天神曲輪があり、そこに家柄のいい藩士が暮らしていました。藩から与えられた屋敷地だったので、今でいう社宅みたいなもので...

千葉を歩けば☆・・・佐倉その3

佐倉の成田街道沿いの町並みもなかなか良かったです。昔の街道にありがちな車通りの多い道で、クランクもありますけど。 昔から人々が暮らしてきた雰囲気を垣間見ることができるのは、町を歩きならではの醍醐味。これを「いいなー」と思えるようになるのが大人なんですかね☆ 老舗そば屋の川瀬でランチ。メニューの写真にはなかったトマトが乗っかっているのは・・・ご愛敬(^◇^)?...

千葉を歩けば☆・・・佐倉その2

佐倉の史跡めぐりで次に訪れたのは佐倉順天堂記念館。別にいいやと思っていたのですが、行きがかり上見てみることに。しかし思ったより得るものが多かったです☆ 順天堂医院を作った佐藤泰然の実の息子に林董(はやし・ただす)と松本良順がいたなんて!聞いてないよーと思いました。 どちらも有名な人物です。林董は特にヘボン塾の生徒としても、私にとって気になる人なのです。その上女子美の創立者、佐藤静子も実子。静子はク...

千葉を歩けば☆・・・佐倉その1

千葉在住の人たちと、史跡めぐりの下見のため佐倉へ。駅から徒歩10分で最初の目的地、佐倉高校に到着しました。サクラ文様の旧校舎、素敵です♪ こちらは敷地内にある地域の交流センター。鹿山文庫という記念館の役割も果たしています。 佐倉高校出身の長嶋茂雄コーナーがどーんとありますが、それ以外は幕末から明治にかけて藩主が集めた蘭学書や藩校関係の資料が。これが佐倉散歩のメインになります☆ 藩校での先進的な教育も素...

大阪の史跡めぐりラストは南宗寺

大阪の史跡めぐりラストは堺にある南宗寺へ。「椿の小道」と呼ばれる道の入口付近に十字架を刻んだ香台があると、カトリック大阪大司教区編「キリシタン遺跡と巡礼の旅 マップ・ガイドブック」に書いてあったものですから☆ 受付の方(ご住職?)とボランティアガイドさんに尋ねてみたのですが、「椿の小道ぃ?」って感じで、キリシタン関係のものは「キリシタン灯籠くらいですねー」とのこと。 ガイドブックに載っていた半井家の...

南蛮文化館へ!

大阪では以前から行きたかった南蛮文化館へ。ここの南蛮屏風は重要文化財に指定され、中学高校の教科書にも載っているメジャーなもの。日本人が見ると既視感を感じるほどです。「ここにあったのか!」という感じ☆ 日本を訪れた宣教師や南蛮寺(教会)の様子が、紙本金地着彩という技法で描かれています。落款はないけれど、作者は狩野永徳の子・光信の一門の作と考えられています。教科書には部分だけが載っていますが、全体を見る...

真田丸跡には

もうドラマが終わって数か月経つので、あまり人はいないかなと思いきや、真田丸クラスタの姿がまだまだ見える顕彰碑前。向かいのお寺にも碑がありますが、現在明星高校となっている敷地が、真田丸の中心部跡と言われています。 明星(めいせい)高校はカトリックの男子校。いいなーと思いながら眺めていたら、守衛さんが「どうぞー」と中に入れてくれました。将来自分の子供を入学させようとする親にでも見えたかのか・・・(笑聖...

大阪女学院にOCCに

難波宮跡を見たりしながら歩いて行くと、大阪女学院やOCC(大阪クリスチャンセンター)へと抜けることができます。この辺りは電車より徒歩が早そうで。大阪女学院の正面に見える建物はヴォーリズ建築。品があっていいです♪ちゃんと管理もされているようで、その点も学校だと安心だなと思いました。 こちらがOCC。思っていたより立派だなんて言ったら叱られそうですが^^;もう何週間か後だったら、露のききょうさんの落語を聞き...

大阪のカテドラル

越中井まで行けば大阪のカテドラルはすぐそこ。カテドラルとは司教座の置かれた地域の中心になる教会ですね。青空によく映えます。 中の祭壇画は堂本印象によるもの。若干仏教っぽいのは日本らしさを出したためでしょうけど・・・。 右手には細川ガラシャの絵。左手には高山右近ですから、私が好きなキリシタンが揃い踏み。静かな祈りのひと時を持てました♪...

横浜港のクルージング船

横浜大桟橋から出るロイヤルウィングのクルーズ船で、クルージングに行って来ました。いつも仕事を頑張っている友人たちと。私は頑張ってるとは言えないけど、ご相伴に与る感じで・・・ ベイブリッジや横浜港、工場地帯などを眺めながら、飲茶を楽しみました。陸上よりも混んでなくて落ち着きます☆ ランチクルーズは満員で、私たちはティータイムのクルーズだったのですが、飲茶をチョイス。ケーキのセットや、食事なしのコース...

花の祝祭in横浜

横浜では6月初めまで「ガーデンネックレス」というイベントをしています。街中に花が溢れていてキレイ。元々キレイな街だけど(^^♪ 私が気に入ったのは横浜海岸教会横の開港広場。サークルになった花壇に淡い色の花々が咲いています。 私が好きなネモフィラも。光を受けた青い海が揺れているよう☆ ガーデニングのデザイナーが色や形をデザインしているみたいで、最近の植栽はただ季節の花が植えられているだけじゃないなーと思い...

北朝鮮を思いながら工作船資料館へ

赤レンガ倉庫の近くにある工作船資料館に行って来ました。今回は二回目。最初は驚きと衝撃で言葉を失うばかりでしたが、今回はちゃんと思考を働かせて見てくることができました。 入口を入るとこの光景。幽霊船のようですが、これに生身の人間が乗っていたと思うと恐ろしさがまた違います。2001年に日本の領海内で海上保安庁との銃撃戦の末、自爆した工作船。当時は不審船とも呼ばれていました。 内部に残された物には、スパイ活...

NISSANスタジアムのガイドツアー☆

人を案内するためNISSANスタジアムのガイドツアーに、自分も参加してきましたが、なかなか良かったです。ガイドツアーは2回目ですが、前回と違うボランティアガイドさんで、話す内容が多少違うようでした(ボランティアガイドさんは20人ほどいるとのこと)。7万2千人を収容できる国内最大規模の競技場は、陸上のトラックも引かれていて陸上競技の県大会なども行われるそう。コンサートの時はピッチの上に板を設置してアリーナ席を...

鎌倉に行こうと計画中

知り合いと鎌倉に行こうと計画中です☆ 鎌倉はお寺と花のイメージが強いですが、キリシタンもして教会もあり、キリスト教の歴史も深いのです。なのでそれらを紹介すべく、恐れ多くもワタクシメが、自分より年上の方々をご案内しようとしているのです。ただ、鎌倉は年中混んでいて、特に桜の季節は大変な賑わい。アジサイの頃よりはマシだと思いますが・・・。しかし混雑だとかそんなこと言ってたら、鎌倉に一年中行けなくなってし...

今日から松阪と名古屋へ!

今日から松阪と名古屋に行って来ます。松阪でレンタカーを借りて墓参りを済ませ、名古屋で一泊して帰って来ようかと。時間があれば久し振りに松阪城と名古屋城にも行って来たいですね。2020年に向けたなのか、観光誘致のための史跡復元が各地で進められていて、数年ぶりに行くだけでも、いろいろ変わっていたりして、チェックしたいなと思っています。人にも会うので、そちら方面で時間を過ごすことになるかもしれませんけど。いい...

高山右近右近列福式へ!

高山右近の列福式に参加するため、今日から大阪に向かいます☆友人宅に泊めてもらい、右近ゆかりの地も訪れようと計画しています。行かせてもらえて感謝だなと思いながら・・・。友達とも恵みを分かち合い、つつがなく過ごして無事戻って来られますように(*^^*)♬...

高山右近列福式があるので

高山右近の列福式があるので、その頃に大阪に行ってちょこちょこ回ってみようかと考えています。大阪に親友と言ってもよい古い友人がいるので、彼女の家に2泊くらい泊めてもらいながら。やはり高山右近関係の場所に行ってみたいですね。大体は行っているのですが、生まれたとされる高山地域は通っただけでちゃんと行けていないので、是非。ただアクセスが大変なので、しっかり計画を立てなきゃと思っています。それからついでに真...

遅ればせながら富士山

帰省の帰りの見た富士山を遅ればせながらアップ。穏やかに晴れ渡った空にたなびく雲。いい年になりそうだなと感じました☆この光景が見られるのは、東名で東京方面に向かう途中にある由比。トンネルを抜けると右手に海が見えて、前方には富士という絶景ポイントです。ここが東名では一番富士山がきれいに見える所だと思うんですけどね。富士川のSAもいいですけど (*’U`*)...

清見寺にはクリスチャンの足跡も

昨日に引き続き清見寺ですが、「大般若」がなかなか終わらないので、関所から移設された血天井は見られませんでした。が、休憩場所みたいなこちらの書院も市指定文化財だそう。歴史も古く、建物を含めて文化財も多いので、あちこちに歴史的価値が潜んでいる感じですね。 こちらは五百羅漢。庭の斜面にやや雑然と並んでいるのですが、たぶん500は無さそう。作った人は工夫を凝らしたようで、一体一体違っているのはエライです。 ...

家康手習いの間が残る清見寺

静岡帰省の帰り道、家康手習いの間が残る清見寺にも寄りました。何だか混んでるなと思ったら、折しも「大般若」ということで、お坊さんがたくさん集まってお経をあげる儀式をしていました。寺格が高いんでしょうね。 方丈には檀家さんも一杯。外にいてもすごい音量で聞こえてきます。庭には家康が植えた臥竜梅(がりょうばい)が。家康が暮らしていただけでなく、朝鮮通信使もこの寺に滞在したそうです。 方丈の堂内には入れませ...

カトリック神学院「ザビエル祭」へ!その2

日本カトリック神学院の歴史は、明治初期の1871年、プチジャン司教が千代田区番町に「公教大神学校」として設立したものに始まります。東京教区のカテドラルがある文京区関口へ一度移転してからここに1929年移築されましたが、建物が老朽化したため、2000年に建て直されました。こちらはミサが行われる礼拝堂の外観。ちょっと藁ぶきの家のような和風テイストも取り入れられていて落ち着きます。ヨーロッパの大聖堂とはまた違っ...

カトリック神学院「ザビエル祭」へ!その1

11/23に練馬にあるカトリック神学院の学祭「ザビエル祭」へ行って来ました。少し前のことになってしまいまいしたが、ちゃんと書いていなかったなと思い改めて・・・☆ 今回の学祭のテーマは「来なさい。そうすれば分かる」というもの。聖句(ヨハネ1:39)から採った主題です。新潟教区長のタルチシオ菊地功司教が講演を行われるので、それを目当てに来ている人が多いようでした。 私と夫が神学院に着いたのは、ちょうどミサが終わっ...

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック