Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Category [本棚 ] 記事一覧

冨坂キリスト教センター編「女性キリスト者と戦争」

冨坂キリスト教センター編「女性キリスト者と戦争」を読了。自分で自分に驚きながら。以前の私なら、こんな面白くなさそうな本、手に取ることもなかったでしょうけど、キリシタンからキリスト教史に、キリスト教史からクリスチャン個々人に関心が広がっていったために、こんな面白くなさそうな本(何度も言うのもなんですが汗)まで読むようになるとは、感謝すべきことですね。本書は後楽園の辺りを歩いていると見かける、冨坂キリ...

「再検証 小西行長 第三集」

熊本県の宇土市教育委員会が編集した「再検証 小西行長 第三集」を読みました。宇土市はキリシタン大名小西行長の故地として、小西行長関連のシンポジウムを9年前から行っているのですが、その講演会での発表をまとめて刊行しており、本書はその第三集。講演者や内容をどんな基準で選んでいるのか分かりませんが、今までに出ている第三集までを読むに、内容は玉石混交・・・とまではいきませんが、ちょっとレベルに差があるよう...

篠田謙一「江戸の骨は語る~甦った宣教師シドッチのDNA」

篠田謙一「江戸の骨は語る~甦った宣教師シドッチのDNA」読みました。2014年に小日向の切支丹屋敷で見つかった三体の人骨の鑑定を行い、江戸期に来日した最後の宣教師シドッチのものだと特定した研究者が、その過程を詳細に書いたもので、いわば内幕もの。最先端の科学でどのように解明されていったのかということを、専門用語をバンバン出しながら説明していくので、「私の頭で理解できる?」と思いながら読み進めていったのです...

とんぼの本「かくれキリシタン」

新潮社のとんぼの本から出た後藤真樹「かくれキリシタン」読みました。とんぼの本はいつも写真が安定の美しさ。写真につられて手に取って、読んでいるうちに知識も増えるという。細かい字で三段組なので、ほんとは結構なボリュームなのに、きれいな写真のおかげで難しいと感じることなく読めてしまうのはさすがと言いたいです。今回の著者、後藤真樹という人は、キリシタン関係で聞いたことがない名前だったので、どんな人なんだろ...

来住 英俊「キリスト教は役に立つか」

来住英俊(キシ・ヒデトシ)神父が書いた「キリスト教は役に立つか」読みました。タイトルに反発を覚えさせて読ませる手だと思いましたが、その手にまんまと乗ってみようと思い。中身は極めて真摯で、思いやり溢れるものでした。私が感じたのは、これくらい信仰のことを語るには、どれだけ神父がもがいてこられただろうということ。目に見えない神様と、また聖書で語られるイエス様と、本気でぶつかり格闘してきたからこそ、このよ...

山崎朋子「朝陽門外の虹-崇貞女学校の人々」

山崎朋子著「朝陽門外の虹-崇貞女学校の人々」読みました。500ページほどある大著ですが、読みだしたら二日で読めるほど内容が興味深かったです。桜美林学園を創立した清水安三の生涯を追ったもので、特に中国のスラム街に女子教育機関「崇貞女学校」を建て、貧しい女性たちが自立できるよう助ける働きをしたことが中心になっています。桜美林大学は近所にあってよく見かけていたのだけれど、その創立より前に北京で壮絶とも言える...

フォレストブックス「重吉と旅する」

フォレストブックスから出された「重吉と旅する」を読みました。女子旅向けの装丁で、グルメ情報情報まで入った旅行ガイドのようですが、信仰的な要素もばっちり。29歳で夭折したクリスチャンで詩人の八木重吉のことを、オールラウンドに伝えてくれています。このシリーズでは以前、竹鶴リタのことをフィーチャーして「リタと旅する」という本も出されていましたが、朝ドラのヒロインにあやかった話題本ぽさが多少ありました。それ...

古田織部美術館編「キリシタンと茶の湯~織部はキリシタンか?」

古田織部美術館編「キリシタンと茶の湯~織部はキリシタンか」を紹介したくて投稿しました。今年の1月から5月に古田織部美術館で開催された企画展「織部はキリシタンか?」に合わせて制作されたもので、10ページにも満たないカタログですけれど、茶の湯の専門家によって、茶道とキリシタンの関係をよくまとめて記述していて、とても優れていると思ったものですから。「古田織部が創案した織部灯籠はキリシタン灯籠だ」「だから古田...

帚木蓬生「守教」の問題点;;

帚木蓬生(ハハキギ・ホウセイ)の「守教」読みました。福岡の今村にも潜伏キリシタンがいて、長崎に続いて信徒発見となるのですが、彼らについてはほとんど資料が残されておらず、どんなふうに福音が入り、守られてきたのかよく分かっていません。その点を有名な歴史小説家である著者が縦横無尽に想像力の羽を伸ばして描いた小説で、第52回 吉川英治文学賞も受賞しています。帚木蓬生は東大の文学部を出てからTBSに勤め、その後東...

若松英輔「見えない涙」

若松英輔「見えない涙」読みました。電車で読んでいたら涙が出てきて、うかつだったと思いました。この著者、言葉の達人なんですよね。以前「風の家」の対談があって、行って来たのですが、若松英輔の言葉はもう、話してても詩でした。本書は詩集として出されたもので、第33回詩歌文学館賞も受賞しているので読んだ人も多いかと。だけど、「私だけのために」書かれたように感じました。言葉が心に刺さって、自分の体験として残るん...

中園成生「かくれキリシタンの起源~信仰と信者の実相」

中園成生「かくれキリシタンの起源~信仰と信者の実相」読みました。著者は平戸市生月島博物館・島の館学芸員で、捕鯨史やかくれキリシタン信仰の調査・研究に取り組んできた人。かくれキリシタン関係の著作は他にもありますが、本書は「決定版」とも言うべき一冊だと思います。当然ながら、かくれキリシタンの信仰形態に関しては他には見られないほど詳述されており、今後もこれ以上のことは解明されてこないと思われます。なぜな...

守部 喜雅「西郷隆盛と聖書」

守部 喜雅「西郷隆盛と聖書~「敬天愛人」の真実」読了。「聖書を読んだサムライたち」シリーズの第六弾ですね。大河ドラマの視聴率に合わせて、今年はこれが売れるんだろうなと思いながら。タイトルと帯を見て分かる通り、内容は西郷隆盛がキリスト教に触れていて、その影響を多大に受けた人だったと言わんとするもの。西郷がキリスト教に触れていたことと影響を受けただろうことはほぼ間違いことですが、そこから先、「西郷が聖...

清涼院流水「純忠~日本で最初にキリシタン大名になった男」

清涼院流水「純忠~日本で最初にキリシタン大名になった男」読みました。大村純忠が主人公の小説なんですが、この著者、ほんとに小説書くのがうまくて!今どき珍しく本に紐のしおりが付いているのですが、それを一度も使わずに一気読み。ページ開いたら最後まで立ち上がることもしませんでした。勢い睡眠時間削ってしまい、もう、お肌に悪いし...(>_<)もちろんキリシタンだから大好物ですよ、大村純忠。だけど普通に小説とし...

川口一彦「景教のたどった道―東周りのキリスト教」

川口一彦著「景教のたどった道―東周りのキリスト教」読みました。というか、去年手にしてから何回も読み返し、ほとんど頭の中に内容が入るくらいになりました。とりあえず「捨てるところのない本」だなと(失礼な言い方だったらすみません;;)思っております。本書は2003年から一年にわたり「キリスト新聞」に掲載されたものに、付録を追加してまとめられたもので、景教のあらましを知るには最善の手引書だと思います。日ユ同租...

武田清子「出逢い~人、国、その思想」

訃報に接して、武田清子「出逢い~人、国、その思想」を手に取りました。無知なる私は著者のことを全く知らなかったのですが、とてもすごい人でした。1917年に生まれて第二次世界大戦前にアメリカに留学して、ニーバーから直接神学を学び、日本に戻ってからは様々なキリスト教関連団体で活躍し、今年の4月に100歳で亡くなられました。 本書のほとんどは自叙伝なのですが、淡々とした筆致で書かれている中には、びっくりしてしまう...

若松英輔「内村鑑三~悲しみの使徒」

若松英輔「内村鑑三~悲しみの使徒」読みました。この人の内村鑑三論はNHK100分で名著で「代表的日本人」を取り上げたときに見ていて、内村鑑三について語ってくれるのを待っていました。岩波新書で出るだけあるなという内容の濃さで、若松英輔の文字運びというか表現の妙にもほだされました。著者の若松英輔はカトリックですが、プロテスタントである内村鑑三の信仰をどう語るんだろうと思って読み始めましたが、その心配は無用で...

木崎さと子「路上からの復活」

木崎さと子「路上からの復活」読みました。エマウス共同体の創始者、アベ・ピエール神父(本名:アンリ・グルエ)の評伝で、私は寡聞にして知らなかったのですが、この神父さん、フランス国民の人気投票で、長年にわたり一位だったそうで(えーっと、無知全開ですね汗)。神父さんだけど、国会議員も務めるなど、その枠に収まらない活動をした人でした(と、今回本を読んで知りました)。構成は、プロローグは小説、続いて著者のフ...

石川明人「キリスト教と戦争~「愛と平和」を説きつつ戦う論理」

石川明人「キリスト教と戦争~「愛と平和」を説きつつ戦う論理」読みました。「なぜキリスト教徒は愛と平和を口にするのに戦争をするのだろうか?」という問いに納得のいく返答がないと、まえがきに書いてあるのを見て、読まずにいられなくなり。続けてこうも書いてありました。これは「愛と平和を祈ること」と「戦争をすること」とは両立しないという思い込みがあるからこその疑問だが、そもそもこの両者は必ずしも矛盾するとは考...

竹下節子「ユダ 烙印された負の符号の心性史」

竹下節子「ユダ 烙印された負の符号の心性史」読みました。すごいですね、この著者。どんだけ頭良くて鋭いんだと思いました。知識の量も半端ないし。キリスト教に関するいろんな本を書いていますが、今回のテーマはユダ。太宰治や遠藤周作の作品を挙げて、日本文学に顔を出すユダ像から解き起こし、ヨーロッパでも千年間熟成されてきたユダ像が変化してきていたことを指摘。そこから旧約聖書とイエスキリストの預言成就、グノーシ...

森禮子「神父ド・ロの冒険」

森禮子「神父ド・ロの冒険」読みました。いい本だわとしみじみしながら。まだ日本が禁教令下だった頃に来日し、長崎の出津などで活躍したド・ロ神父の評伝で、芥川賞作家の森禮子氏の過不足なくユーモア漂う文章でつづられています。森禮子氏の文章の良さは、下手に感情的に書かれていないので、心にすっと入ってくるところ。生き方自体が感動的なド・ロ神父のことを、あまりに感情移入した書きっぷりをされると、かえって妙な感じ...

日野原重明「いくつになっても、今日がいちばん新しい日」

日野原重明「いくつになっても、今日がいちばん新しい日」読みました。題名からして、きっと人生訓のようなことが書いてあるんだろうなと思っていましたが、違いました。健康診断の数値は、高齢者は若い人と一律に判断するのでなく、運動量や体の変化に応じて判断すべきだとか、老眼になったら足元を気を付けるようにとか、お医者さんらしいアドバイスが満載でした。もちろん人生訓というか、老いにはこう備えよ、老いてからはこう...

小石房子「豊後の王妃イザベル」

小石房子「豊後の王妃イザベル」読みました。「豊後のイザベル」とは、大友宗麟の継室奈多夫人のこと。イゼベルは旧約聖書に出てくるアハブ王の妻で、神の預言者エリヤを迫害した人物。奈多夫人もまた、キリシタンを迫害したため、宣教師らから「イゼベル」と呼ばれていたのです。さてこの本、イゼベル寄りで書かれているため、キリシタンについてはひどい書きようです。特に大友宗麟は、短慮で好色で、自分勝手で勇気がなく、ヘタ...

内田樹・釈徹宗「聖地巡礼リターンズ」

内田樹と釈徹宗が日本各地の聖地を旅する「聖地巡礼リターンズ」読みました。「聖地」と言っても、サブカルチャー的な「聖地」まで含んだ広い意味のもので、決してエルサレム巡礼の話ではありません。この「聖地巡礼」はシリーズ化されていて、今回の目的地は長崎・京都・大阪。キリシタンゆかりの地をめぐっていたので読んでみたのです。旅人の一人、内田樹はユダヤ教や西洋思想に強い評論家で、もう一人の釈徹宗はお坊さん。キリ...

進藤龍也「あなたにもある逆転人生」

進藤龍也「あなたにもある逆転人生」読みました。進藤龍也氏は、元ヤクザの牧師さん。服役中に聖書の言葉に出合い改心し、同じようにヤクザから牧師になった人の援助を受けて更生。「罪人の家」ザアカイの家を開所して、キリストを通して多くの人が救われるよう、受刑者との文通や講演を行っています。これを読んで、救われた人の証を知って、「良かった」と言いたいところですが、覚せい剤などに関しては、本人が更生しようと思っ...

神谷 光信「須賀敦子と9人のレリギオ」

神谷 光信「須賀敦子と9人のレリギオ」読みました。レリギオとは「敬虔さ」のこと。カトリックに親しんだ著名人たちの軌跡を通して、どんな心性を持っていたかを記しています。だから例えば美智子妃殿下など、洗礼を受けていない人、クリスチャンにならなかった人も含まれています。選ばれた人は彫刻家、哲学者、科学史家、司祭など多岐にわたり、あっちにもこっちにも視線を揺さぶられる感じ。題名になった須賀敦子についてが冒頭...

中勘助「銀の匙」

中勘助「銀の匙」を、なんて心地よい言葉だろうと味わいながら読みました。「悲しい」とか「嬉しい」とかの感情表現を一切しないで、ただ目に映る物を描写しているだけなのに、主人公の思いが手に取るように伝わり、読んでいるといろんな感情が引き起こされるのです。どこまでも精緻で清い描写が生み出す、珠玉の表現。ありのままを表そうとした自然派でもなく、耽美主義的なのとも違う、何と言えばいいのか。。それでいて、芸術的...

まじか?と思った、山崎 信二著「長崎キリシタン史」

山崎 信二著「長崎キリシタン史」読みました。最初この本のタイトル見たときは驚きました。「長崎キリシタン史」だなんて、キリシタン研究の第一人者が書いた同名の本があるし、「長崎」に「キリシタン」という組み合わせの本も、ごまんとあるのに。なぜ今さら「長崎キリシタン史」?名前を知ってるような著者でもないなと思って調べてみたら、この人の得意分野は「瓦」!よく「長崎キリシタン史」なんていうベタなタイトルで本を...

藤木稟「バチカン奇跡調査官」1,2,3

藤木稟「バチカン奇跡調査官」1,2,3巻を一気に読みました。これをハマっていると言うのでしょうか?言ってもいいかもしれません。やめられないほどではないですけど、面白く読みました。ハイ、いわゆるラノベですけど。ラノベとはライトノベルの略で、主にティーンを対象とした読み物。小説よりは軽いテイストなのでライトノベル。マンガと小説の中間くらいの位置づけで、結構読まれています。下手な小説よりも発行部数はかなり多...

堀辰雄「風立ちぬ/菜穂子」

堀辰雄の「風立ちぬ/菜穂子」を、小学館文庫で読みました。「日本文学」として習ったことがあるものを読むのは久しぶり。同じ文庫本でも学生の頃とは違うことを知りました。私が馴染んだ新潮文庫や岩波文庫の小さい文字の羅列ではなく(もちろん当時はそういうものだと思って読んでましたが)、読みやすいフォントに文字も大きくなってて。作品も現代仮名遣いになっているので、読みやすいことこの上ないです。カバーのイラストも...

「希望の奇跡」13年の牢獄生活トゥアン枢機卿の生

ベトナムの激動の時代を生きたトゥアン枢機卿の人生を描いた「希望の奇跡」を読みました。トゥアン枢機卿は初代大統領ゴ・ディン・ジエムの甥で、代々カトリック信徒の家に生まれて神父になった人物。ベトナム戦争が終結した1975年、共産主義が台頭する中、危険分子として不当に逮捕され、13年の長く過酷な牢獄生活でも、希望をもって生き抜きました。とても力強く、信仰的に励みになる内容で、2日にわたって一気読み。心に残るペ...

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック