FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Category [クリスマス ] 記事一覧

「星の王子さま」の衣裳♬

クリスマス劇「星の王子さま」の衣裳を作りながら、一般の既成服ってすごいテクニックが込められているんだなと気付きました。着物をほどいて布にしながら、和服の縫製はすごいなと思いましたし、作りながら洋服は曲線のパターンがよく考えてあるなと思いました。 大人になってからも、家庭科みたいなことや、いろんなことをしてみるのがいいですね。子供の時より深く見ることができますから☆ 大人と子供の色違いのベスト完成。...

クリスマス劇は「星の王子さま」

ほぼ毎年やっているクリスマス劇、今年は「星の王子さま」をします!衣裳や小道具は、ある物を活用して最低限でやりくりしていたのですが、今回は力が入って作ることに。久しぶりにミシンをクローゼットから出してきて、糸のかけ方から取説見ながら再学習。 家にあった余り布で作っているので、お金はかからないのですが、元来不器用でドジなので、やり直しで時間はかかるわ負傷はするわで、波乱の展開。布によってはミシンがうま...

ヨコハマ版「星の王子さま」

今年もクリスマス劇を書かせてもらうようになり、サン=テグジュペリの「星の王子さま」をモチーフに20分ほどの脚本を書きました。題してヨコハマ版「星の王子さま」。本物の「星の王子さま」をアレンジしているので、ヨコハマ版としました☆一応ミュージカルで、ラスト5分はフィナーレなので、演劇の部分は正味15分程度。いろんな内容を全部詰め込むことはできなかったので、泣く泣く省略した場面も相当あります。練習はこれからで...

さすが韓国☆

朝鮮日報でソウル広場に大型クリスマスツリーが設置されたと書かれていましたが、来年1月8日までの点灯だということで、さすがキリスト教が盛んな国だなと思いました。日本だとクリスマス当日が終わるとさっさと片付けて正月準備ですが、本来クリスマスはエピファニーまで。年を越しても祝うものなんですよね。もちろん韓国でも新年を祝うそうですが、そこにクリスマスツリーが同居するというところが日本との違いです。デモに揺れ...

メリークリスマス!

メリークリスマス!主よ、この地上に来てくださってありがとうございます...

クリスマスプレゼント★

最初のクリスマスに御子を送ってくださったことが神様からの最高のクリスマスプレゼントだったのだと思いますその方を栄光でお迎えすることが人間からの最高のプレゼントになるはずでしたが。愛のプレゼントを用意して今年のクリスマスを過ごしたいと思います...

クリスマスが休日?

世界中に約120ある国と地域のほとんどがクリスマスを休日にしているので、今の時期はクリスマス休暇を楽しむ人が多いそうです。だけど日本は平日。街はどこに行ってもツリーが飾ってあってクリスマスディナーやクリスマスセールなんぞやってますがね。クリスマスをイベントとして楽しむだけなんでしょう不思議なことに韓国は、キリストが生まれたクリスマスも休日ですがお釈迦様が生まれた日も休日なんだとか。両方を休日にしてい...

クリスマスにミュージカル(短め)

クリスマスにミュージカルをすることになりました。フィナーレみたいな歌を一曲、歌って踊るだけですけどだけれど演劇で賛美する機会を与えてほしくてその道が拓かれますようにとずっと祈ってきたので感謝です。祈りがきかれたことがクリスマスプレゼントですね、きっと...

第一次世界大戦で起きた奇跡「クリスマス休戦」 ベルギーで再現

(写真:セインズベリーのCMより)第一次世界大戦で起きた奇跡「クリスマス休戦」 ベルギーで再現クリスチャン・トゥディ2014年12月24日03時21分 記者 : 竹村恭一 第一次世界大戦の激戦地の一つであったベルギーで20日、当時の英国軍とドイツ軍の兵士に扮(ふん)した人々がサッカーの試合をした。これは、100年前にこの地で起きた一つの「奇跡」を再現したものなのだ。 100年前の1914年7月28日、当時のオースト...

「12月、山口市はクリスマス市になる。」

日本で最初のクリスマスが行われたという山口で、「12月、山口市はクリスマス市になる。」を合言葉に、美術・音楽などのさまざまなイベント・ワークショップが開催されている。日本で最初のクリスマスはどこで? 「12月、山口市はクリスマス市になる。」各種イベント開催中クリスチャン・トゥディ2014年12月19日17時25分 記者 : 新庄れい麻「12月、山口市はクリスマス市になる。」を合言葉に、山口市で、美術・音楽などのさ...

神様を愛そう!

神様を愛そう。すでにもう、愛されているのだから...

私のクリスマスプレゼント☆

私のクリスマスプレゼントは自分の悪いところを直すこと。人ではなくて主に対するプレゼントですけどプレゼントになるかどうかはわからないけれど、主を信じる人が「信じる」と言うだけでなくて御言葉に従うことが主の喜ばれることだと思いまして。それで自分の心を主の喜ばれるものにちょっとでもしていこうということでプレゼントだと見なしてみた訳です。しかしまあ、自分の悪い所を認めるのはわかっていても嫌なもので悔い改め...

教皇、「世界最大」のクリスマスツリーに点灯

教皇、「世界最大」のクリスマスツリーに点灯クリスチャン・トゥディ2014年12月16日15時29分【CJC=東京】教皇フランシスコはバチカン(ローマ教皇庁)で9日、「光をともしましょう」と述べて、タブレット端末を手に取り、画面のボタンを押した。この瞬間、バチカンから約200キロ離れたイタリア中部のグッビオの丘の斜面に作られた「クリスマスツリー」に光がともされた。 この「クリスマスツリー」は、丘の斜面に1000...

クリスマスは大忙し

毎年クリスマスの時期はどこの誰でも忙しいのでしょうが、特に忙しいのがクリスチャンかと24日にあるイブの礼拝に25日のクリスマス礼拝、その上23日が日本ではお休みなので子供向けのクリスマス会やパーティなど、毎日がイベントといった感じ。当然その準備や進行、後片付けまであるわけで忘年会や大掃除のあるシーズンにこれくらいの行事があると結構ハードです。ま、それでも華やいだ気分で過ごすのでそれほど大変には感じないの...

今年もサンタを追跡!? 北米航空宇宙防衛司令部

北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)の“サンタ追跡作戦”は毎年行われている。レーダーでの航路の追跡はもちろん、ハイテクデジタル機器やジェット戦闘機、人工衛星まで使う徹底ぶりだ。今年もサンタを追跡!? 北米航空宇宙防衛司令部の“特殊任務”公式サイト公開中クリスチャン・トゥディ2014年12月17日16時44分北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は、米軍とカナダ軍が共同で運営している統合防衛組織。人工衛星の状況や核ミ...

サンタは何の象徴なのか?

クリスマスには、御子よりも喜ばれるのがサンタもちろんノン・クリスチャンの場合ですけど。それでも世界中で愛されているサンタという存在について無視するのは適当でない気がします。人々の心を捉えるだけの何かが、プレゼント以外にもあるのではないかとそれで私が思ったのは、サンタは「いつか誰かが来る。願いを叶えるプレゼントを持って」ということを示す存在であるということです。つまり再び来るといわれている主のミニチ...

これも捧げ物☆

クリスマスの行事で、演劇に加えて、いくつかの家族でもう一つ出し物をすることになりました。この機会に伝えたいことがたくさんあるし、栄光を捧げる機会をもらって有難いことなのですが、思うとおりにいかないこともあって、若干心が乱れることもしかしこの一つの感情を治めることも私にとって今年ちゃんと直すべきところであり、それを直すことが一つの捧げ物ではないかと考えて小さな捧げ物を少しずつしています。クリスマスを...

聖なる美しい行事

四ツ谷のイグナチオ教会に行ってみたら今年も同じ大きなプレゼピオが飾ってあり、教会の庭には電飾も施してありました。聖堂内ではパイプオルガンの練習中。前を通りながら様子をうかがっていく人もいました。皆クリスマスという聖なる美しい行事に心惹かれるんですね主が自分を呼んでいらっしゃることに気づく人がどうかたくさん出てきますように―...

クリスマスを恋人と過ごす!?

ネットの記事によると日本でクリスマスを恋人と過ごすというのが定着したのは1980年台からなのだとか。映画やCM、それに関連した歌がきっかけとなったそうです。主がお生まれになった聖なる日を自分たち同士の日にしてしまったことも良くないですが、宿泊施設がカップルで一杯というのも罪深いことですね。信仰に基づいて祝う人が多い欧米ではクリスマスは家族で過ごすというのが一般的です。本来の意味に取り戻して祝いたいもので...

かきいれどき☆

クリスマスは教会にとってはかきいれどき。クリスマスだから行ってみようかと、近所の教会に足を向ける人もいるはずですそういう人たちにクリスマスの雰囲気だけでないものを残せたらいいな。そんなことを考えながらイベントを企画しています。その中に主が呼んでいる人がきっといるのだと信じて。。...

クリスマスは始まっている☆

クリスマス劇の練習をしていて感じたのはやはり祈りから始めると万事うまくいくということ。練習のときからもうクリスマスは始まっているんだなと思いました。もちろん教会暦ではアドヴェントから祝う準備をし1/6のエピファニーまでクリスマスを祝い続けるわけですけど。主への愛のプレゼントとして劇を捧げるなら、見てもらうのは、人もそうだけど何よりも主。主は心をご覧になるといったのでやはり祈って心を捧げてこそのクリス...

御子が此の世に

クリスマスについていうならまたそれは御子が此の世にご自分自身を与えた日なのだということができるのだと思います。それならやはり心を込めて祝わねばですね...

クリスマスは・・・

クリスマスに教会でやる出し物を考えていてクリスマスの意味を改めて考えていたらいろんなことに気付くことができました。クリスマスはキリストが生誕した日だけれど、そのキリストが神様と人間との距離を近づけて父親のような存在にしてくださったのだからクリスマスは神様と人間が親子になった記念日なんだなと。たったそれだけのことだけどしみじみそのことを思うと感謝があふれて泣けてきます。今年もいいクリスマスにしたいな...

我が家の最寄駅でも

我が家の最寄駅でもクリスマスのイルミネーションが始まりました。(上の写真は違うけど)目で見ると一瞬はロマンチックなのですが、居酒屋やカラオケの呼び込みの声が響き、歩けばそのような人たちからどんどん声をかけられるという極めて興醒めな状況が広がっています。美しいものとそうでないものとをロマンチックな雰囲気だけで判断することはできないけれど「クリスマス」の意味を知らないことはもったいないことではないかと...

「クリスマス詩集~この聖き夜に」

クリスマス関係でもう一冊読んだのが「クリスマス詩集~この聖き夜に」。日本人作家によるクリスマスの詩が集められています。意外だったのが高村光太郎や西條八十の詩。クリスチャンだった三木露風やキリシタンに興味を示していた北原白秋は理解できますが。クリスチャンでない人の詩も何か聖なるものを求めていて、それを表そうとしているようでキリスト教の枠を超えた広がりを感じます。クリスマス自体、クリスチャンだけの物で...

「クリスマスの祈りと歌」

「クリスマスの祈りと歌」という本を聖三木図書館で借りてきて読みました。クリスマス前になると聖三木図書館では特別コーナーにクリスマスものが集められるのでいろんな形式の作品に出会えてうれしいです。この本には主にヨーロッパの詩や歌が収められています。カール・バルトやアッシジのフランチェスコ、テニスンなど、宗教家から文学者までよりとりどり。とってもいいものが多いのでまた今年のクリスマスにはこの中からピック...

「星空へひらく窓」

「星空へひらく窓」と題されたクリスマス・エッセイ集を読みました。読んだのは去年の年末のことだけれど。巻頭言で遠藤周作がクリスマスには人間の純化されたいという願いが込めれれていると書いていました。ああ、クリスマスというのは年に一度その思いに人間が立ち返る日なのだと感じました。教会行事とかミサとかそういうものはもちろんだけれど一般の人が祝うクリスマスにももしかしたら神様が働きかけてくれているのかと。。...

毎日がクリスマス

毎日がクリスマス。イエスは今日もあなたの中に生まれる。キアラ・ルービック...

救いである方が

人間の創り主が人間となった。パンである方が、飢えることができるために、泉である方が、渇くことができるために、強さである方が、弱くなることができるために、救いである方が、傷つくことができるために、いのちである方が、死ぬことができるために。アウレリウス・アウグスティヌス...

神への道はすべて

神が人となったのだから、神への道はすべて人間を通ってゆく。アーノルト・ヤンセン...

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック