Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

User Tag [キリシタン ]を含む記事一覧

大分旅行記「FacataからBungoへ5」できました☆

大分の臼杵を訪れたときの旅行記「FacataからBungoへ 5」ができました。今回の九州旅行の最終日です。みぞれになりそうな雨の中、キリシタン時代の臼杵教会跡(推定地)、ガラシャ夫人の娘 多羅(キリシタン)ゆかりの寺などを回っています。久家の大蔵に描かれたアズレージョが素敵で、瞼に残っています。良かったら覗いてくださいませ(^▽^)http://contents.tenjounoao.com/facata5.htmlスマホ版は⇒http://contents.tenjounoao.co...

小石房子「豊後の王妃イザベル」

小石房子「豊後の王妃イザベル」読みました。「豊後のイザベル」とは、大友宗麟の継室奈多夫人のこと。イゼベルは旧約聖書に出てくるアハブ王の妻で、神の預言者エリヤを迫害した人物。奈多夫人もまた、キリシタンを迫害したため、宣教師らから「イゼベル」と呼ばれていたのです。さてこの本、イゼベル寄りで書かれているため、キリシタンについてはひどい書きようです。特に大友宗麟は、短慮で好色で、自分勝手で勇気がなく、ヘタ...

内田樹・釈徹宗「聖地巡礼リターンズ」

内田樹と釈徹宗が日本各地の聖地を旅する「聖地巡礼リターンズ」読みました。「聖地」と言っても、サブカルチャー的な「聖地」まで含んだ広い意味のもので、決してエルサレム巡礼の話ではありません。この「聖地巡礼」はシリーズ化されていて、今回の目的地は長崎・京都・大阪。キリシタンゆかりの地をめぐっていたので読んでみたのです。旅人の一人、内田樹はユダヤ教や西洋思想に強い評論家で、もう一人の釈徹宗はお坊さん。キリ...

チューリップバブルに思いを馳せれば

相模原公園入口付近ではチューリップがお出迎え。色も形も様々で、品種改良に夢中になる心理が理解できました。そう言えば、チューリップがオスマントルコからヨーロッパに持ち込まれたのが16世紀。異国情緒溢れる珍しい花として富裕層に好まれました。チューリップの球根栽培に適したオランダで品種改良が行われ、17世紀初頭には高値で取引されるようになりました。小さな球根一個で家が買えるくらいだったとか。それが世界最古の...

悩み抜いて書いた旅行記;;「FacataからBungoへ 4」

悩み抜いて書いた旅行記「FacataからBungoへ 4」ができました。大分県竹田市をめぐったときのものです。楽しみにして行ったのですが、いろいろと複雑な思いになることがあり、旅行記書く筆が何度も止まりました;;竹田市はキリシタンで町おこししようとしているのですが、自分たちの仮説「隠しキリシタン」を押し付ける「推し」が強すぎて、ガイドしてもらっているうちに苦痛になってきました。神戸から寄贈された「キリシタン遺...

まじか?と思った、山崎 信二著「長崎キリシタン史」

山崎 信二著「長崎キリシタン史」読みました。最初この本のタイトル見たときは驚きました。「長崎キリシタン史」だなんて、キリシタン研究の第一人者が書いた同名の本があるし、「長崎」に「キリシタン」という組み合わせの本も、ごまんとあるのに。なぜ今さら「長崎キリシタン史」?名前を知ってるような著者でもないなと思って調べてみたら、この人の得意分野は「瓦」!よく「長崎キリシタン史」なんていうベタなタイトルで本を...

「FacataからBungoへ 3」ができました☆

大分の旅行記「FacataからBungoへ 3」ができました☆ この日は大分市と日出のキリシタンゆかりの地を回っています。 大分はザビエルが訪れ、大友宗麟の保護の下、日本初の南蛮文化が花開いた地。だけれど初代府内城主 竹中采女正は雲仙の地獄責めなどを行いました。光と影が交差する様を感じながら旅してまいりました。良かったら覗いていただけたらと(*^^*) http://contents.tenjounoao.com/facata3.htmlスマホ版は⇒http://content...

キリシタン時代に海外で暮らした日本人

キリシタン時代に海外で暮らしていた日本人については、まとめて書かれているものが少ないのですが、ポルトガルには16世紀中頃から(天正遣欧使節の到着より前から)、日本人が存在していたことが分かっています。メキシコにいた日本人トメ・バルデス(日本名不明)は長崎で売られたことが分かっていますし。すると支倉常長一行が行く前から日本人がいた訳です。また1607~1613年の記録では、ペルーのリマ市に20人の日本人が住んで...

「大航海時代の日本人奴隷」3

著書の「おわりに」に結論があるので、それをまとめますと・・・。戦国時代に「乱取り」があり、生け捕りにした人を戦利品とみなして売るということが日本では行われていた。売られた日本人に豊後出身が多いのは、大友宗麟が関与したとは言い難く、豊薩合戦で捕らえられた豊後の民が薩摩側によって売られたと考えるのが自然(実際島津領では乱取りがよくあった)。 自ら自分を売ったり、子供を売った日本人もいたが、奴隷ではなく...

「大航海時代の日本人奴隷」2

では「大航海時代の日本人奴隷」の内容へ・・・。書き出しにあるのは、読売新聞で2013年に報じられた「3人の日本人奴隷がいた」という記事で、それに反応した人が多かったことです。専門家の間には既に入手されていた史料で、この他に先行する研究として、岡本良知が戦前に日本人の人身売買があったことを証明しているので、著者にとっては目新しいことではなかったよう、しかし日本人奴隷に関する細かい研究はなされておらず、そ...

「大航海時代の日本人奴隷」

ルシオ・デ・ソウザと岡美穂子共著の「大航海時代の日本人奴隷」読みました。勢い余ってメモ取りながら2読も。それくらい知りたいことが書いてありました。よくネットなどでは「キリシタン大名って日本人を奴隷として売り飛ばしてたんだよね」とか「大友宗麟は自国の領民を南蛮人に奴隷として売っていた」「イエズス会は日本人を売ることに手を貸していた」とか書いている人がいるんです。それは違うんじゃない?と思うけれど、そ...

加賀乙彦「殉教者」

加賀乙彦の「殉教者」読みました。ペトロ岐部について書かれた小説です。ペトロ岐部は日本人として初めて聖地エルサレムを巡礼した人ですが、その路程はゴアまで行ったことは他の資料からも確かですが、その後の行動が分かっていません。エルサレムへの経路も方法も、そもそもどうして行こうと思ったのかという動機も、エルサレムで何をしたのかも。 エルサレムからローマに行った経路、方法も不明ですね。そこで学び、司祭に叙階...

明日から新サーバーに移行します!

以前にもお知らせしたとおり、明日からサーバーを完全移行いたします。もしサイトURLを登録いただいている場合は、http://tenjounoao.com/に変更のほどよろしくお願いいたします。今回は独自ドメインも取ったので、今後URL変更することはたぶんないかと思います。今後ともよろしくお願いいたします♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪...

サーバー移行のお知らせ☆彡

11/1をもって、サーバーを完全移行します。もしサイトを登録していただいたりしていたら、URL変更をお願いします!新しいURLは⇒http://tenjounoao.com/ です。今までお世話になったFC2ですが、これからはロリポップ!へ。容量はなんと30倍の150G、サブサイトは300個も作れます。これも神さまからの励ましだと捉えて、頑張っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>...

「北国の使徒たち 9」ができました☆

「北国の使徒たち 9」ができました☆これで新潟から北陸三県を通って滋賀まで行った旅行記はラストです。なかなか取れない長期の休みをもらえたことに感謝です。終わりに待ち構えていた賤ヶ岳は、普段完全なるインドア派の私にはチャレンジングでしたが、右近が陣取った山が見たくて登りました。 容量が足りなくなってきてサイトを移行しようとしているのでリンクが貼ってないんですけど。。もしもしもしも良かったら~(((o(*゚▽゚*)o...

「北国の使徒たち 8」ができました♪

加賀市と福井を回った旅行記「北国の使徒たち 8」ができました♪ 浅井三姉妹のお初(キリシタン)がいた北ノ庄城や福井県の殉教関連史跡地、糠川などを訪れています。ちょっと地味な感を拭えませんが、良かったら覗いていただけたらと(๑ᴖ◡ᴖ๑)...

金沢の旅行記「北国の使徒たち 6」ができました。

金沢の旅行記「北国の使徒たち 6」ができました。金沢って町がきれいで、キリシタンゆかりの場所も多くあるので、私にとってはユートピア。もっと長くいたかった所です。友人の息子にすっかりペースを乱されて、行けなかった所も多かったけれど、それはそれで悟らせてもらうことにつながっていたなと。友人とたくさん話せたので、それも良かったですね。旅行に行ったつもりが、自分の中の物事を整理してたということも、時にはある...

富山県の史跡案内ができました!

富山県のキリシタン史跡と教会をめぐった時の史跡をまとめた、富山の史跡案内(32件)ができました!旅行記を書くのに、やはり詳細を調べてないと間違ったことを書いてしまうので、並行して書きました。いつもは先に旅行記を書いて、後で史跡案内書こうと思ってて、そのままになってしまうので・・・、今回はちょっと頑張った方ではないかと。私にしては、ですけどね(;^_^A 良かったら~♪...

富山市内と高岡、小矢部を回った旅行記☆彡

富山市内と高岡、小矢部を回った旅行記「北国の使徒たち 5」が出来ました♪写真は富山藩に流罪となって亡くなった深堀キクの塚。富山藩預けになった浦上キリシタンのアイコンのような女性です。計画していた訳ではなかったんですが、チーム富山と呼ばれる、富山県内4つのカトリック教会に行けました。あれこれ全てに感謝♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪...

魚津と富山市をめぐった旅行記☆彡

魚津と富山市をめぐった旅行記「北国の使徒たち 4」ができました。ランチは北陸のソウルフード、8番ラーメン。富山県唯一のキリシタン殉教史跡地や、富山市内の浦上キリシタンの流配地をめぐっています。興味を持っていただけたらうれしいです(o^^o)...

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック