FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

User Tag [カトリック ]を含む記事一覧

バチカンが米国とイランの仲介に入るかもしれないというカトリック系メディアによる記事。私の関心の範囲で抄訳

バチカンが米国とイランの仲介に入るかもしれないというカトリック系メディアによる記事。私の関心の範囲で抄訳すると↓ バチカンとイランの外交関係は1954年に始まっており、アメリカと正式な関係が結ばれる30年も前から関係を築いてきた。バチカンにとっても、シリアの少数派キリスト教徒の保護にイランが鍵となると考えているため、イランとその指導者を重要視している。またトランプ政権に影響力を持つアメリカのカトリック指導...

木崎さと子「路上からの復活」

木崎さと子「路上からの復活」読みました。エマウス共同体の創始者、アベ・ピエール神父(本名:アンリ・グルエ)の評伝で、私は寡聞にして知らなかったのですが、この神父さん、フランス国民の人気投票で、長年にわたり一位だったそうで(えーっと、無知全開ですね汗)。神父さんだけど、国会議員も務めるなど、その枠に収まらない活動をした人でした(と、今回本を読んで知りました)。構成は、プロローグは小説、続いて著者のフ...

神谷 光信「須賀敦子と9人のレリギオ」

神谷 光信「須賀敦子と9人のレリギオ」読みました。レリギオとは「敬虔さ」のこと。カトリックに親しんだ著名人たちの軌跡を通して、どんな心性を持っていたかを記しています。だから例えば美智子妃殿下など、洗礼を受けていない人、クリスチャンにならなかった人も含まれています。選ばれた人は彫刻家、哲学者、科学史家、司祭など多岐にわたり、あっちにもこっちにも視線を揺さぶられる感じ。題名になった須賀敦子についてが冒頭...

義認の教義に関する共同宣言

1999年の今日、ルーテル世界連盟とカトリック教会は義認の教義に関する共同宣言に調印しました。歴史的な日ですね☆...

カトリック神学院「ザビエル祭」へ!その1

11/23に練馬にあるカトリック神学院の学祭「ザビエル祭」へ行って来ました。少し前のことになってしまいまいしたが、ちゃんと書いていなかったなと思い改めて・・・☆ 今回の学祭のテーマは「来なさい。そうすれば分かる」というもの。聖句(ヨハネ1:39)から採った主題です。新潟教区長のタルチシオ菊地功司教が講演を行われるので、それを目当てに来ている人が多いようでした。 私と夫が神学院に着いたのは、ちょうどミサが終わっ...

函館観光その1(^^♪

三日目は函館観光。仕事のため、昨日新幹線で夫は帰ってしまったので、今日は一人です。五稜郭からバスに乗って函館駅前に出て、コインロッカーに荷物を預けて街へ。バス停「元町」で降りると目の前に教会が。日本基督教団の函館教会です。高札撤去の翌年に建てられたそうです。中で牧師さんと対話のひと時を持て、いろいろ教えてもらえました☆ 次に遺愛幼稚園へ。ここに戦前までは遺愛学園があったそうです。今は五稜郭の方にあ...

バチカン高官、同性愛を告白 カトリック教会内に波紋

バチカン高官、同性愛を告白 カトリック教会内に波紋 朝日新聞デジタル2015.10.03....

教皇、婚姻無効訴訟を簡素に

教皇、婚姻無効訴訟を簡素にカトリック新聞September 17, 2015...

日本のカトリック信者、約1000人減る

日本の信者、約1000人減るカトリック新聞July 31, 2015...

「韓国カトリック史概論」

徐正敏著「韓国カトリック史概論」を読みました。この著者のキリスト教史の本を何冊か読んでいるのですが、プロテスタントに紙幅を割いているものが多かったので、カトリックに的を絞ってくれて「ありがとう」という感じ特にカトリックの宣教方法を、イエズス会方式と非イエズス会方式とに分けて説明しているところが私には目新しい感じがしました。そういう捉え方があるのねと。そう分けておいて、イエズス会方式の非寛容さが迫害...

メジュゴリエの聖母出現について

「教皇フランシスコは、ボスニア・ヘルツェゴビナのメジュゴリエでおとめマリアが出現したとされている件について、バチカンが見解を発表する準備ができていることを明らかにした」、そうです。ヴァチカンから正式にまだ認められていなくても、信者からそうだと信じられている聖母出現事件は数多くあるみたいですね。上の写真はフランスのパヌェの聖母。カトリックの方によると、結構聖母はフランスに現れているのだとか。日本の秋...

カトリック写真家の菅井日人さん逝く

カトリック写真家の菅井日人さん逝くシスターのつぶやき2015年6月 3日 (水)...

1年でカトリック信者12万人増:韓国

1年で信者12万人増:韓国カトリック新聞April 10, 2015...

オランダ・カトリック教会、小教区大幅減へ

オランダ・カトリック教会、小教区大幅減へ2015年2月17日16時43分...

「日本史のなかのキリスト教」

カトリック信者で経営コンサルタントの長島総一郎氏が書いた「日本史のなかのキリスト教」(PHP新書)を読みました。日本に大きな影響を与えたキリスト者を一堂に集めて紹介した本で、ザビエルや高山右近はもちろん、マザー・テレサやヨハネ・パウロ2世など近現代の人たちまで網羅されています。キリシタンの殉教についてやカトリックの教理も添えられているのである意味狂信的であると誤解されやすい部分もこれなら理解してもらえ...

3教会が合同礼拝

『エキュメニズムに関する教令』の一節を読み上げる岡田大司教(中央)3教会が合同礼拝カトリック新聞December 2, 2014 カトリック教会、日本聖公会、日本福音ルーテル教会による合同礼拝が、待降節第1主日の11月30日、東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂で行われ、500人を超すキリスト者らが、半世紀にわたる対話の歩みを振り返り、共に祈った。 「いつくしみと愛のあるところ」をテーマにした合同礼拝は、第2バチカン公会議の...

教皇、正教会の聖体礼儀に参列

トルコ訪問:教皇、聖アンデレの祝日に正教会の聖体礼儀に参列 バチカン放送局2014/11/30教皇フランシスコは、30日、訪問先のイスタンブールで、正教会の聖体礼儀に参列された。28日から始まった教皇のトルコ司牧訪問はこの日、最終日を迎えた。この日はまた、コスタンティノープル総主教庁とカトリック教会の典礼暦で、共に使徒聖アンデレを記念し祝った。コスタンティノープル総主教庁の保護聖人である聖アンデレは、ローマ・カ...

袴田巌さんも登壇

袴田巌さんも登壇カトリック新聞November 6, 2014 「死刑といのちを考える」と題した国際シンポジウムが10月25日、東京・千代田区のYMCAアジア青少年センターで開かれ、非政府組織や宗教関係者など約150人が集まった。カトリックの活動団体「聖エディジオ共同体・日本」(本部・ローマ)と「死刑を止めよう」宗教者ネットワークが実行委員を務めた。前々日の23日には衆議院第1議員会館(千代田区)で、国会議員らも参加したシンポ...

ジョセフ・ヒコ、160年前に米国で受洗した日本人

リンカーン米国大統領に会ったころのジョセフ・ヒコ(提供=播磨町郷土資料館)160年前に米国で受洗カトリック新聞オンラインOctober 16, 2014 フランス人宣教師が長崎・浦上の潜伏キリシタンを「発見」して来年3月で150周年を迎える。その約10年前、すでに米国でカトリックの学校に通い、司教座聖堂で洗礼を受けた日本人がいた。「ジョセフ・ヒコ(彦/浜田彦蔵)」と呼ばれる漂流民で、後に日米交渉の通訳などを務めた人物だ。今...

戸田帯刀・元カトリック横浜教区長殺人事件の講演会

戸田帯刀・元カトリック横浜教区長殺人事件の講演会 元毎日新聞記者招き10日に開催クリスチャン・トゥディ2014年5月5日08時33分 終戦直後の1945年に射殺された戸田帯刀(たてわき)神父(1898〜1945)の歩みを学ぶ講演会が10日、カトリック甲府教会(山梨県甲府市)で開催される。講師は、戸田神父の射殺事件を長年にわたって追いかけてきた元毎日新聞社甲府支局長で経済部記者の佐々木宏人氏(カトリック荻窪教...

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック