FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Entries

03/07のツイートまとめ

tenjounoao_yume

【イベント感想】オンラインセミナー・シンポジウム in BVNGO(豊後)「戦国大名と鉱物資源」 https://t.co/oTelLVRLcT #大分 #鹿毛敏夫 #岡美穂子 https://t.co/MimUrUlwff
03-07 19:15

スポンサーサイト



オンラインセミナー・シンポジウム in BVNGO(豊後)「戦国大名と鉱物資源」

IMG_0487.jpgIMG_0488.jpg さすが大分市!と唸ってしまったオンラインセミナー・シンポジウム in BVNGO(豊後)「戦国大名と鉱物資源」
鹿毛敏夫氏の基調講演30分に続き、2人のレクチャー各25分と討論10分を1セットにしたラウンドを午前から午後にかけて3ラウンド行うという、格闘技並みの構成で、休憩60分をはさんで計5時間。誰がこんなイベント考えたの!?と思うくらい知的にスパルタでした。
基調講演の時点で、情報量多すぎてメモ取る手がいかれそうでした(ツイッター見たら、そう言ってるの私だけじゃなかった)。それぞれの分野の第一人者が史料と発掘されたモノとで語る内容は、現時点でよく消化できなくても、しっかり聞いてストックしなきゃと気がはやるしかなく。
最後の総括まで含めて全部良かったです。様々な研究で最近明らかになってきたことの多いこと。「秀吉政権のもと黒田官兵衛が関わった下関の南蛮船貿易港化については時間がないので、別の機会に…」とか、気になり過ぎるでしょ。
コロナでいろいろと制限がかかることはあるけれど、たゆまず研究している人たちによってどんどんと光が照らされていっている地平。より遠くまで見渡せるようになっていることを感謝しつつ、恵みを享受したいです。
レジュメをダウンロードできるという親切設計も、ありがたくて涙が出そう。初めて聞くことばかりで頭ぐるぐるだったので。動画もしばらく視聴できるのか、YouTubeに残っていますね。下にURL載せておくので関心がある方はチェックしてみてください。
全然理解できた気がしないので、私も動画で復習しようと思います・・・(;^_^A
YouTubeおおいた大友学オンラインセミナー
レクチャーのレジュメと当日展示パネル

03/06のツイートまとめ

tenjounoao_yume

オンラインツアー「嗚呼、エキサイティングな平城宮跡!木簡にみる天平びとの“ツイート“」へ。 https://t.co/4HbFfqz1vB #平城京 #木簡 #奈良 https://t.co/AZpiy4ibrG
03-06 11:39

オンラインツアー「嗚呼、エキサイティングな平城宮跡!木簡にみる天平びとの“ツイート“」へ。

mokkan.jpg 古代への夢やみがたく、昨夜はオンラインで「嗚呼、エキサイティングな平城宮跡木簡にみる天平びとの“ツイート“」へ。平城宮跡で発見された木簡のお話を聞きました。講師は馬場基(奈良文化財研究所)さん。司会との軽快な掛け合いで進行され、関西の風を感じました。
木簡は全都道府県で45万ほど確認されており、そのうち30万が奈良で発見されたもの。古代中国では竹に書かれたりしていたが、竹簡は日本で使われておらず、それは中国から日本へ紙や木簡が伝わった時期をあらわしているのではないかと考えられるということでした。
公式的な事柄は紙に書かれたけれど、よりメモ的に使われたのが竹簡だから、その分庶民の暮らしや姿がうかがえるという特徴があります。
平城京に遷都されてからおよそ1300年ですが、そんな昔の人たちの息づかいが残されているのが面白いですね。最近では大極殿や朱雀門が復元されているけれど(電車から見える)、そこに天皇がいて、前方に大和三山、左手に興福寺や東大寺を見晴らしていたんだと思うと不思議。
正倉院には聖武天皇の遺愛の品が入れられていますが、元々は平城宮跡で使われていたわけで。わずか30センチ下の地中に、そんな歴史がミルフィーユのように広がっていると思うと、たまらなくなりますね。奈良もゆっくり回りたいな(⁎˃ᴗ˂⁎)

03/05のツイートまとめ

tenjounoao_yume

本日はこちらに。トンデモのせいで奈良時代に関心が出てきて、木簡も知りたいなと。”せいで”と言いつつ、”おかげで”だったりする?景教徒渡来説は否定するしかないですが天平は◎オンラインツアー「嗚呼、エキサイティングな平城宮跡!~木簡にみる天平びとの”ツイート”」https://t.co/4CtwJ01QnU
03-05 10:45

03/02のツイートまとめ

tenjounoao_yume

少し前からこの論者の方に注目してますが、論旨が明確ですてき。https://t.co/EjkQU0Z9rR
03-02 21:38

03/01のツイートまとめ

tenjounoao_yume

わわわ、キリシン様、シェアありがとうございます😭 https://t.co/lGbpI6jgT0
03-01 13:45

シンポジウム「新発見シナゴーグから見るイエス時代のユダヤ教」 https://t.co/vyVHPFz1sL #イスラエル #シナゴーグ #聖書 #考古学 https://t.co/I6VtjViX9l
03-01 09:37

シンポジウム「新発見シナゴーグから見るイエス時代のユダヤ教」

IMG_0489.jpg

昨日の午後は、オンラインシンポジウム「新発見シナゴーグから見るイエス時代のユダヤ教」へ。科学研究費助成事業基盤研究A「生きられた古代宗教の視点による古代ユダヤ変革期の東地中海世界の総合的宗教史構築」の中間発表で、50人前後の人が参加していました。

司会は中西恭子(東京大学大学院研究員)さんが務められ、市川裕(東京大学名誉教授)からの趣旨説明(新出土したテル・レヘシュのシナゴーグについて)に続き、3つの発題がありました。

上村静(尚絅学院大学教授)「ガリラヤのユダヤ化とその諸相―ハスモン時代からミシュナ時代まで―」、山野貴彦(聖公会神学院)「紀元後1世紀のガリラヤとユダヤにおけるシナゴーグ共同体の形成」、江添誠(神奈川大学)「バル・コホバの乱前後のガリラヤ湖周辺都市の社会状況」で、いずれも他ではなかなか聴けない内容。豊富な写真資料も提示してくれ、見ているだけでも心躍るものが♪

10分の休憩をはさんで行われたディスカッションは、「宗教性」「宗教的純粋さ」をめぐって熱い議論が交わされ、通り一遍の質疑応答タイムに留まらない充実したものでした。30分の予定が、時間ギリギリの1時間30分まで延長され、途中離脱しなければならかった人は残念だったかも。最終的にトータルで4時間に及ぶシンポジウムでしたが、興味深さが勝って飽きませんでした。

シナゴーグに注目し、文献からとモノからと、両面から見ていくことで有意義な議論がなされ、大きな展開が期待されるのが分かりました。私のざっくりとしたシナゴーグ、ユダヤ教世界への理解を、より詳細なものにアップデートできただけでも有益でした。考古学的発見と聖書の記述が一致すると、聖書のシーンが立ち上がってくるように感じるのもプライスレス☆彡

中間発表のシンポジウムは今後もあるようなので、告知を逃さずウォッチしていこうと思います。


02/28のツイートまとめ

tenjounoao_yume

新シリーズの動画作り始めました。トンデモ検証&バスターです。忖度しないで反論するので、心が折れぬよう応援お願いします☆【トンデモ】奈良時代に景教徒が渡来したと『続日本紀』に書かれている!?巷間に流布するトンデモ説に徹底反論するシリーズ始動☆彡#景教 #日ユ同祖論 #渡来人 https://t.co/MG4vPCVmTe
02-28 12:58

02/27のツイートまとめ

tenjounoao_yume

『香港の民主化運動と信教の自由』出版記念会(主催:教文館、後援:キリスト新聞社)レポート https://t.co/VWVKZyzdkW #松谷曄介 #香港 #信教の自由
02-27 11:13

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック