FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Entries

佐倉旅行記「東のSAKURA!①」できました。

sakura1008.jpg

佐倉を歩いたときの旅行記「東のSAKURA!①」ができました。
佐倉高校にある鹿山文庫を皮切りに、佐倉順天堂記念館、成徳書院(藩校)跡、佐倉城址公園とめぐり、堀田正睦とハリスに思いを馳せ、礎石や銅櫓跡を見ては土井利勝のことを考えました。

佐倉は史跡めぐりにちょうどいいサイズの町で、街道筋に古い家も残されていて、グルメスポットもあるので、半日散歩にはもってこい。秋のお出かけの参考にしていただけたらと思います(*^^*)

http://contents.tenjounoao.com/sakura1.html
スマホ版は⇒ http://contents.tenjounoao.com/sp/sakura1.html



スポンサーサイト

國學院大學博物館キリシタン展のシンポジウム

DSC_0811.jpg

國學院大學博物館キリシタン展のシンポジウムに行って来ました。シンポジウム第二弾となる今回のテーマは「考古学が明かす新たなキリシタン像」。登壇者は、國學院大學の深澤太郎氏、東京藝術大学の今野(いまの)春樹氏、大浦天主堂キリシタン博物館の大石一久氏。

 

トップバッターの深澤氏は、落語家さんじゃないかと思うくらいの話し上手。滑らかな口調でよどみなく今特別展が開かれるまでの経緯を解説してくれました。2013年に当時西南学院大学博物館におられた安高氏と共同で特別展をやったところ好評で、翌年に大學博物館連携事業や共同研究の協定が結ばれ、相互貸借特集展示を行うこと21回。その結実が今回の特別展と講演だそうです。

 

なるほど、ぽっと出の企画ではないんですね。また宗教考古学とキリスト教、仏教、神道のアウトラインも説明。他の講演への橋渡しをしていました。

 

次の今野氏は東京駅八重洲北口遺跡の発掘調査にあたった方で、2000年の発掘当初は、これがキリシタン墓であるとは思わなかったが、出土品を水洗いしたらメダイが出てきて驚いたと話しておられました。個人的に撮ったという墓坑内の写真を多数見せてもらえたのは僥倖でした。図録や解説パネルではここまで詳しいものを見たことがなかったので☆

 

結論としておっしゃっていたのは、「(発掘されたキリシタンの遺体は)体も手も伸ばし、手を合わせているものもあり、丁寧に埋葬されている。死者を懇ろに葬る心の余裕があったのではないか。キリシタンというと弾圧された人たちというイメージがあるが、各遺跡で整然と並ぶキリシタン墓を見ると、そうではない『幸せなキリシタン』がたくさんいたことが想像される」ということでした。穏やかでユーモアの混じる語り口が印象に残りました。

 

最後に登壇した大石氏は、中世石造物の研究者。キリシタン墓碑などのキリシタン関連石造物の第一人者で、私が信頼できると思うのは、キリシタン以外の石造物にもお詳しいから。「十」や「×」が付いているだけで「キリシタン遺物だ」と断じてしまうようなことはしません。今回は千々石ミゲル夫妻の墓所についてで、三次にわたる調査の方法と出土品、それを最初に見た時の印象などを話されていました。

 

ただし発掘されたのはミゲルの(年齢的に二番目の)妻と推測される墓だけで、ミゲル本人の墓はまだ。地中レーダーでは西側に墓穴を示す反応が見られたそうで、今後の調査に期待が高まります。大石氏によると、千々石ミゲルはイエズス会を脱会したが、信仰は棄てていなかったろうということで、その結論に至る道筋を、エビデンスを挙げながら説明してくれました。

 

今回の講演は全て「考古学+キリスト教」の話。学問の分野に否応なく信仰が混じってくるので、研究する際には気を付けなければならない点があるのでしょう。信仰の目で見ると、ついそれが枷となって、見たいものを見てしまう傾向が・・・私などだとありそうなので。だけどその一方で、同じキリスト教を信じる者だからこそ分かる点も歴然とある訳で。研究者の方々はその両方をよくわきまえておられるなと思いました。

 

 

10/15のツイートまとめ

tenjounoao_yume

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」 https://t.co/kAqonkS2ga
10-15 12:34

10/12のツイートまとめ

tenjounoao_yume

神奈川県立図書館の本は、予約しておけば県民センターで受取も返却もできて便利。横浜駅西口から5分だし。ランチは障害者の就労支援をしている「ともしび」で。今日は会議室でキリスト教婦人矯風会の集まりがあり、1階では「日本大好き市民の会」の展示が。いろんな社会運動の縮図だなと感じました。 https://t.co/Y5TCANSGu0
10-12 23:15

こんな教会、行ってみたい☆ https://t.co/rYRzCNL6AI
10-12 09:49

加藤廣「秘録 島原の乱」

s-siko04h769.jpg

加藤廣「秘録 島原の乱」読みました。74歳の時「信長の棺」で遅咲きデビューして以来、歴史小説界でトップを走ってきたレジェンド加藤廣の遺作がキリシタン物だと知り、読まないでいられようかということで。本を開けば、第一章から抑制の利いた文章で滑り出し、馥郁たる歴史小説の香りが漂ってきます。いいなぁと思って、一章二章・・・。

しかし三章から少し拙速な文章運びになってきて、徐々に無視できない程度に。これがあの加藤廣の書いたものだろうかと訝しく思ってしまうくらい、ストーリー展開や背景の説明が雑になってきます。やがて、ぶっちゃけトークのような筆致になり、結論ありきの意見をそのまま書いてしまうし、筆者がこう考えているということをそのまま書いてしまうしで、「急いでいたのかな」と感じました。

巻末の解説によると、筆者は病気をおして、小説雑誌に休み休み連載していったのだとか。書くのも難しい時期がそれほど続いていたということですね。今年の4月に87歳で亡くなったけれど、今まで楽しませてもらったことを感謝しなければならないのかも。

筆者のそのような状況をフォローするため、剣術と時代考証に関しては、それぞれの専門家が見て仕上げたのだと解説されていました。しかし・・・、剣術に関してはよく分からないので意見が言えませんが、キリシタンに関しては少々間違っていると指摘しない訳にはいきません。時代考証した人(解説には名前が載っている)は、うちの近くで小説家になる方法を教えている作家さんで、ミステリー小説の書き方を指南していたかと思います。

もちろん歴史にも大変詳しいから出版社の方から依頼がいったのだと思いますが、キリスト教については教養レベルの知識で時代考証したのかなと思いました。例えば、小説内でキリシタンたちが普通に聖書を出してきて読んで、「マタイによる福音書ではこう書かれていて・・・」と聖書のパラグラフを引用をするのですが、当時のキリシタンが読んでいたのは要理書と聖人伝くらいで、「聖書」や「マタイによる福音書」という訳語もありませんでした。

もちろん小説ですし、エンターテインメントですし、現代に合わせてわざとこう書いているのかもしれません。しかしこれだけではないので、やっぱりキリスト教やキリシタンにもう少し造詣の深い人に時代考証してもらえば良かったのではないかと思ってしまいます。加藤廣の作品なら、多くのファンが読むでしょうから。

最後まで読むと、「天草四郎の首が誰のものか」という点に加藤廣の着想があり、それを書きたかったのだと分かります。だけどラストのシーンで出てくる赤ちゃんの存在が、それまでに描かれた人物像や人間関係と矛盾していて、謎というより蛇足の感を拭えません。

辛口の意見を書きましたが、「ああ、加藤廣は逝ってしまったんだな」としみじみ思ったのでこう書いてしまったのだと思います。大体、後期高齢者になるくらいの年で小説家になり、次々に面白い作品を世に出してセンセーションを巻き起こしたこと自体、今も私にとってはレジェンドです。今までどうもありがとう!と言うべきですね。どうか・・・加藤廣に来ていた言霊があるなら、誰かのところに行って活躍してほしいと、ご冥福と共にお祈りしたいと思います。


10/09のツイートまとめ

tenjounoao_yume

キリスト教弾圧の歴史紹介 平戸オランダ商館で企画展 | 2018/10/7 - 長崎新聞 https://t.co/hcY1yAOAvE
10-09 17:11

10/06のツイートまとめ

tenjounoao_yume

國學院大學博物館の常設展示が、思った以上にすごくて、考古学の國學院なんだと知りました。キリシタン目当てに行ったけど、見始めたらこちらにも夢中に。 https://t.co/8sXjSHdaCg
10-06 20:50

熊本大の安高さん、ニセモノの踏絵やキリシタン遺物についてスパッと切ってくれてうれしい。もうヘンテコな紙踏絵や仏像付の十字架とか、見なくて済むかなぁ。 https://t.co/Kf6CWOaDsl
10-06 16:04

シンポジウム、とってもいいんだけど、お腹すいた。。 https://t.co/GEfo8wNcEq
10-06 16:00

10/03のツイートまとめ

tenjounoao_yume

台北市内のお粥街。お粥は20元で食べ放題。おかずはお好みで。真ん中のは臭豆腐。くせになります♪ https://t.co/0aGsDAgxL6
10-03 21:33

故宮博物館、文明の底力を感じました。 https://t.co/zr6AgfcsUl
10-03 21:29

昼は刀削麺、デザートは温かい豆花。カフェ文化があるのが面白い♪ https://t.co/t8tj88IMPL
10-03 09:20

09/29のツイートまとめ

tenjounoao_yume

台北の総督府は、日本統治時代に台湾総督府だった建物。修復しながら今も使われていることに、親日の心が表れていると思います。特別公開日だということを前日にサイトで知り、有り難く内部まで見学して来ました☆ https://t.co/gAErvgWjJ4
09-29 23:45

今回5泊するホテルは朝食付き。朝温かいものを食べられる幸せを感じています。お天気は今日も小雨ですが、そのお陰で涼しいです。感謝〜♪ https://t.co/RmpUlkM2xX
09-29 23:38

09/28のツイートまとめ

tenjounoao_yume

夕飯もちゃんとありつきました。ベジタリアンの素麺店で、メニューは高いものでも約280円。すごいアヤシイ路地にあるけど、庶民の味方なんでしょうね。おばさまの笑顔が優しくてホッとしました♪ https://t.co/1CkpkjbRUD
09-28 22:17

何なのー!?ってくらい、きれいでした、国立台湾博物館。日本統治時代に日本人が建てたそう。東京駅と国立東京博物館を思い出しました☆ https://t.co/S8aKQr508w
09-28 21:56

中正紀念堂は広くて泣いた😥閲兵交代式してて人がいっぱい。巨大な像や個人を称える豪勢な建造物を見ると、なんだかなーと思ってしまう。でも台湾満喫中。#台北 #中正紀念堂 https://t.co/EcVYYUWhOq
09-28 21:42

おっかなびっくりの台北初日。記念すべき最初の食事は地元のバーガー店で。豆乳付けて200円ほど。いい感じのカオス感が漂っています♪ https://t.co/ZgEBJIiwZr
09-28 19:54

台北に無事到着。漢字が多くて理解しやすい。文化の近さに感謝です^_^ https://t.co/FqrxJX9qJX
09-28 10:59

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック