FC2ブログ

Heaven's Cafe

キリシタンのあしあとを求めて・・・♪

Entries

原真由美「太平洋戦争後のアメリカの日本への宗教政策―バプテスト宣教師D.C.ホルトムの影響」

20200118_135008179.jpg

今月の横浜プロテスタント史研究会の発表は原真由美氏による「太平洋戦争後のアメリカの日本への宗教政策――バプテスト宣教師D.C.ホルトムの影響」。
原氏の言わんとするところを私がどれくらい理解できたのか分からないのですが、多少自分の解釈も加えて以下にまとめました。原氏の意見と相違する点、勝手に言い過ぎてる面もあるかもしれないので、「この人のフィルターを通すとこうなるんだな」という程度に受け止めていただけたらと思います。
1945年12月、GHQ/SCAP(連合軍最高司令官総司令部)によって発令された「神道指令」によって、国家神道は一宗派となり特権はなくなって、信教の自由、政教分離が図られたのですが、この「神道指令」はGHQ/SCAPの宗教政策を担当したCIE(民間情報局)が中心となって作成したものでした。
本発表では、CIEの宗教班担当者W.K.バンスが日本の宗教、特に神道に関する情報としてD.H.ホルトムというアメリカ人宣教師の著作を採用したことに注目し、ホルトムがどのような背景を持ち、どこで宣教に当たり、神道に関する情報をどのようにして得たのかを調べ、「神道指令」の元となった研究について考察していました。
ホルトムが来日した1910年という年は、日本が朝鮮を侵略して併合した年で、それから約30年間(太平洋戦争勃発でアメリカへ帰国する1941年まで)関東学院や青山学院で神学を教える傍ら、東京帝国大学神道教授に師事して神道を学びました。
日本がウルトラナショナリズム(超国家主義)と軍国主義へと突き進み、東アジア侵略戦争をしていった時代に、それを肌で感じながら活動していたホルトムは、日本人に深く根を下ろした精神構造がその原因であり、根幹は国家神道であると考えました。
そして日本が侵略戦争を企てないためには、ナショナリズムと軍国主義を生んだ国家神道を一つの民間宗教とし、政治と分離させることが必要であると提言したのです。
ホルトムはまた、日本が急速に近代化を進めようとする中で、国を一つにまとめるために人間を神格化する国家神道というシステムが選択されたとし、そのために個人の人格尊重が損なわれていったことを指摘。
御真影を拝むなどの行為が教育機関でも強制され、天皇を神として敬い、ひたすら盲従する「善き日本人」像が提示され、そのような臣民が作り出されたことを問題視して、改善策を挙げました。
その柱の一つが、神話のベールを拭い去り、歴史と神話とを区別することでした。ホルトムは「天皇が神とされることは宗教的な意味を有しない」と述べ、天皇が神の子孫であるといった考え方や、特別な家系であるから他国の元首に優るという考え方を禁止すべきだとしました。

また日本人が特別な民族であるから他国人に優るとする主義主張も、侵略戦争および(他国の紛争解決の手段と欺いた)武力行使に傾く危険性があるとして、禁止すべき項目に挙げました。
原氏は「神道指令」後に、ホルトムが神道に関する省察を深め、戦死者を神として祀る(神格化する)「軍事的理想を高揚し軍事的性格を持つ神社」が存続することを問題視していたことにも触れていました。

20200118_151835242.jpg

以前書いた本に、戦後加筆したホルトムは、超自然的な権威に依存することが、個人の責任という観点を弱めると述べ、それを日本人の課題だともしています。しかし一方で、「永遠の価値」と題された章には、民主主義への期待と日本の役割についても書かれ、宣教師としての愛ある眼差しがうかがえるということでした。
私としては、GHQ/SCAPの宗教政策に宣教師の意見が反映されていたことを初めて知るようになったので、それだけでも大きな収穫でした。日本が軍国主義に傾き、泥沼の戦争に突き進んでいくときに、人知れず戦後の宗教のあり方が宣教師によって検討されていたというのは興味深いことではないでしょうか。
========
発表の後はディープな質疑応答があり(私の知識がついていかずフォローできてません;;)、新年最初の会だったので終わってから懇親会へ。中華料理をいただきながら、皆さんの話を聞いていました。会話に出てくる人物名を私は半分くらいしか分からないので、課題図書がどんどん目の前に積まれていくような感じでした。
でもまぁ刺激を受けられたから良かったかなぁ。お疲れさまでした(o^^o)



スポンサーサイト



01/19のツイートまとめ

tenjounoao_yume

色合いが、なんだか・・・ファンタスティックなのかな。水色が浮いて見える。#麒麟がくる
01-19 20:16

うん、控えめに言っても満喫しましたね。今年の #ふるさと祭り東京 は今日までだけど、来年も行っちゃおうかなー☆(次はできれば誰かとね・・・笑) https://t.co/MzZCOl2abW
01-19 14:57

お兄さんたちが皆素敵に見えてしまう。お祭りってそういうものだったんでしょうね。 https://t.co/pHa5rGm1cc
01-19 14:54

沖縄のエイサーもカッコよかった(^^♪ https://t.co/zww5XoYJ64
01-19 14:53

会場全体がお祭り会場となっていて、そぞろ歩くのも楽しい感じ。 https://t.co/cQ0cnGDiSv
01-19 14:48

グルメも楽しんできました。ご当地どんぶり選手権をやっていたので「うにめし丼」「北海ねばとろ海鮮丼」。#ふるさと祭り東京 https://t.co/aB9DDiTloY
01-19 14:48

熱気すごい。日本の昔ながらのライブ。 https://t.co/muxtts1oIJ
01-19 14:45

各お祭りの後にふれあいの時間が設けられていて、一緒に踊ったりできるのですが、会場の人が一斉にお祭り広場に下りて行って盛り上がっていました。思わず輪に加わりたくなる何かがあるのは確かですね。#ふるさと祭り東京 https://t.co/TG4O9hEKxe
01-19 14:44

下で動かしている人たち #ねぶた祭り https://t.co/jL08Si3IAA
01-19 14:39

跳人跳子さんたちの熱気は言うまでもないですが、全体をコントロールしているお囃子もエンタテイナー。テレビではあまり抜かれることのない、下に入っている人たちに注目してみるのも一興ですね。 https://t.co/QYWJHG4WQx
01-19 14:39

「ふるさと祭り東京」in 東京ドーム

aIMG_0038.jpg

トーハクで石見神楽を見損ねたことをボヤいていたら、FBFの方が「こちらでもやっていますよ」と一覧を送ってくださったので、その一つに行ってみました。
毎年東京ドームで行われている「ふるさと祭り東京」というイベントで、全国のお祭り公演の他、グルメや特産品なども出店。会場全体がお祭り会場となっていて、そぞろ歩くのも楽しい感じでした。

あまりの迫力と技とに泣きそうになったのが、秋田の竿燈まつり。50キロもある竿燈を肩や額、腰だけで支えて移動・整列するのみならず、竹を何本も更に継ぎ足していき、竿燈をしならせてバランスを取る至芸に、感動しきりでした。
間近に見る臨場感は画面では味わえないもので、いい体験させてもらったなと思いました。お祭りにハマる人の気持ち分かるわぁ。ドームではLEDだけど、秋田でのお祭り本番はろうそくを使うそうで、輝きも違うということでした。いいなぁ。

IMG_0156.jpg

青森のねぶた祭りも勇壮で、山車は先日の新国立競技場のこけら落としで使われたもの。動かすのに人が下であんなに頑張っているんだということを初めて知りました。テレビではあまり抜かれることのない、下に入っている人たちに注目してみるのも一興ですね。跳人跳子さんたちの熱気は言わずもがな。
その他に見たのが、沖縄のエイサーと石見神楽の大蛇(おろち)。

IMG_0081.jpg

各お祭りの後にふれあいの時間が設けられていて、一緒に踊ったりできるのですが、会場の人が一斉にお祭り広場に下りて行って盛り上がっていました。思わず輪に加わりたくなる何かがあるのは確かですね。

IMG_0287.jpg

本場の熱気に触れたら、もう踊っちゃうんだろうな、私も。
あ、それからグルメも楽しんできました。ご当地どんぶり選手権をやっていたので「うにめし丼」「北海ねばとろ海鮮丼」を。

IMG_0069.jpg

うん、控えめに言っても満喫しましたね。今年の「ふるさと祭り東京」は今日までだけど、来年も行っちゃおうかなー☆(次はできれば誰かとね・・・笑)


01/18のツイートまとめ

tenjounoao_yume

今日は指路教会で勉強会。戦前から戦中にかけて30年間日本にいたホルトムという宣教師について。この人が書いた報告が、日本の戦後の宗教政策に大きな影響を与えたのです。 https://t.co/CduLGUhznW
01-18 23:46

昨日行った「ふるさと祭り東京」のねぷた祭りが頭から離れない。らっせーらー。これは最後観客と一緒に踊る時間。 https://t.co/beax2g5g2x
01-18 23:42

01/17のツイートまとめ

tenjounoao_yume

本日は東京ドームの「ふるさと祭り東京」へ。竿燈祭りとエイサー、感極まって、うっときてしまった。ご当地丼ぶり選手権も堪能。祭りっていい!#ふるさと祭り https://t.co/STQXz8SkSx
01-17 17:39

01/16のツイートまとめ

tenjounoao_yume

本館が混んでいて見なかった分、他のところをゆっくり回るようになりました。それも良かったかな~と思ったけれど、いつの間にかたくさん歩いたみたいで足が棒。明日キツイかな...(;´▽`A`` https://t.co/nfqeejcGvS
01-16 19:22

同じ仏教芸術でも国によって素材や表現方法が違うのも興味深い点です。 https://t.co/OWzrmzau2w
01-16 19:22

東洋館はそれ以上にも見どころが多くて、5階から地下1階までアジア各地の品々で満たされていて、ほんと見飽きません。朝鮮の陶磁器は素晴らしいし、中国はやっぱりすごいし、クメールの彫刻も素敵で、私はアジアの染織物も好きですね~。#トーハク #東洋館 https://t.co/vhUmPw2MyY
01-16 19:22

普通にあるし、グアテマラの仮面(3~6 世紀、翡翠製)とか本気で怖いし。新バビロニア時代の銀の大皿やアケメネス朝ペルシャの銀食器などは、限られた身分の人しか使えなかったものだから、もしかしたら聖書に出てくるネブカデネザル王やキュロス王の王宮にあった物ではないかと思われました。 https://t.co/o3F8h8GNET
01-16 19:22

続いて東洋館へ。 特別展「人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-」 は、古代エジプトやメソポタミア、中央アジアや南米まで網羅した一大コレクションの展示で、またまた図録が欲しくなるような逸品揃い。美術的な観点で選んだもののようですが、エジプトのミイラは https://t.co/gvc528SvMA
01-16 19:22

細部まで見られても剝げているところはそのままなんですけど。法隆寺宝物館は建物が美しくてソファも座り心地がいいので気に入っています。混んでないのでゆっくりできますし♪ https://t.co/ypeGA8Zcdq
01-16 19:13

奈良時代の念珠や中国製の銅鏡など、いいものは古びないんでしょうかね。現代の技術で作ったかのようです。イベントとしては、「8Kで文化財 国宝「聖徳太子絵伝」」というのが中2階でやっていました。聖徳太子の生涯を描いた絵を8Kアートビューアーで見るというもの。#8Kで文化財 #聖徳太子絵伝 https://t.co/4OACtTMuSR
01-16 19:13

2階に行くと廊下にもう少し時代の下った品々が。それでも江戸期で、寄進者が桂昌院とかですけどね。展示室に入ると国宝の水瓶(すいびょう)や香炉などが息をひそめたように静かに並んでいます。これらも飛鳥時代のものなんですけど、時間を飛び越えてきた感じがどうもうまくつかめません。 https://t.co/HPTm0Fuxzf
01-16 19:13

菩薩半跏像ってこんなに何体もあったんですね。朝鮮三国時代との関わりを強く感じさせられました。金銅仏なので大きさはさほどではないのですが、その分精巧さが際立っていて言葉を失います。これが飛鳥時代から伝来してたって、なんだか飛鳥時代の斑鳩の里がすぐ行けるご近所のように思えてきます。 https://t.co/fMGQPYVxjU
01-16 19:13

これだけでも圧巻なのですが、壁に沿って光背や押立仏の阿弥陀三尊像などが並び、奥の区切られたスペースには如来像や菩薩半跏像が全部で20体ほどありました(やっぱり重文。しかもレベル高)。 https://t.co/Qi7q4qyvuz
01-16 19:13

国会参観(衆議院)に行ってきました。

IMG_0129.jpg

国会参観(衆議院)に行ってきました。東京に住んでたりしたら小学校とかで行くのかもしれませんが、私は初めて。「どうやって行くんだろう?」と思ってましたが、個人で行く場合は予約をする必要もなく、受付で見学ツアーの申し込みをするだけ。見学料も不要です。
見学コースは、衆議院本会議場⇒御休所⇒中央広間⇒前庭(議事堂の正面)で、所要時間は1時間程度。簡単な手荷物検査をして議事堂内へ。最初に案内された衆議院本会議場で、傍聴席に座って説明アナウンスを聞きます。

IMG_0068.jpg

本会議場はさほど大きく見えませんが、450畳ほどもあるのだとか。議長席上方に張り出しているのは天皇皇后の傍聴席、両角は貴賓席で、右は国が招いた外国人客、左は皇族用だそうです。
記者席は111席あり、テレビのニュースで見る映像はすべてここから撮られたもの。そっかぁ、なるほどねと、普段と現実とが一致する感じです。本会議場を出て廊下を進み、御休所へ。天皇が開会式の日使用する部屋ですね。ガラス越しに見学。
続いて中央広間へ。二階の吹き抜けから見られます。天井までの高さは法隆寺の五重塔がすっぽり入る大きさだということです。広間の周りは沖縄産のサンゴ石灰石でできており、床モザイクは14色の本物の大理石製。

IMG_0100.jpg

四隅には伊藤博文、大隈重信、板垣退助の像が置かれています。議事堂内の廊下の長さは階段も含めて約4600mもあるそうで、見学ツアーは結構歩きます。
だけど間近に眺める国会議事堂の姿は一見の価値ありで、ここで国政が決められているのだと思うと、政治のためにも祈らねばという気持ちに自然となります。
手続きが意外と簡単だったので、また行ってみようかなと思いました。今度は参議院かな。衆参の違いを探すのもいいかもしれない(o^^o)

IMG_0020.jpg

PS:前から行ってみたかった憲政記念館も見学。企画展示で有名な政治家たちの書が並んでいました。常設展示のガラスケース内は撮影不可なのですが、五箇条の御誓文(控)とかあって興味津々。
時間が足りなくて急ぎ足になってしまったけれど、じっくり見たらいろいろ発見がありそうでした。

京都をめぐった旅行記「ふわり三都物語 3」できました★

18kan3009.jpg

秋に京都をめぐった旅行記「ふわり三都物語 3」できました★
訪れたのは哲学の道を通って南禅寺、北山の古田織部美術館、南に下って羅城門跡と東寺など。紅葉に染まる街や寺院がとても素敵で、贅沢だなと感じました。古田織部美術館や羅城門ではキリシタンに、東寺では空海景教について書いています。良かったら~(ノ´▽`*)b

http://content.tenjounoao.com/santo3.html
スマホ版は⇒http://content.tenjounoao.com/sp1/santo3.html



01/12のツイートまとめ

tenjounoao_yume

https://t.co/nsfPxdWdmR
01-12 21:36

いただいた簪(かんざし)。さす位置とバランスが難しい(^o^;) https://t.co/MWGZoIudbR
01-12 20:49

01/11のツイートまとめ

tenjounoao_yume

でもこちらも面白いです。月本先生の話、初めて直接聴けてうれしい。笹生衛氏の「古代日本の神観」は、聴いてすっきり。納得がいきました。#アジア考古学 https://t.co/1kMoA0hpLT
01-11 16:10

ショック。たまたま他用で大学に来てみたら、こんないいのがやってた。今日は各地でいろいろある日だなぁ。#南蛮史料 https://t.co/IMI1xjpMGm
01-11 12:32

左サイドMenu

プロフィール

由愛(ゆめ)

Author:由愛(ゆめ)
キリシタンのあしあとを求めて旅するサイト『天上の青』の管理人をしています☆

twitter

最新記事

ブログカウンター

最新トラックバック